Family

2018年9月 1日 (土)

母の七回忌

早いもので母がなくなって丸六年、今年は七回忌になります。次の十三回忌には私が元気でいられるか分からないので、出来るだけ集まってね、ということで、総勢八人で8月26日~28日の二泊三日の予定で法事に故郷まで行ってきました。

近頃は最高気温で全国一を何度もとって有名になった岐阜の多治見市のお隣の町です。おそらく多治見よりこちらの方が気温は高いと思うのですが、なんでも計測する場所がないそうなので、一応全国一位の席は多治見市に譲っている状態なのだとか・・高い建物がないうえに意外に草木がすくない、ということで外は直射日光をもろに受け、暑い暑い!

まずは26日に先達の私と妹それに二男、孫の四人でお墓掃除にお寺へ。背の高い息子がいたおかげで今年は石碑のてっぺんまで綺麗に掃除でき、皆大満足。

Photo午後に行ったのでお天道様が竹藪の中に隠れお墓の敷地の中は日陰で涼しく、一時間かけてゆっくりとお掃除できました。都会と違ってお墓の敷地は広く、おそら2坪近くはあるので、掃除の仕甲斐はあります。

その分翌日の法事の日は午前中だったので直射日光をもろに受け、お墓の前での住職の読経の間は皆ただ耐えるのみ、それでもとどこおりなく法事を終えることができ、終わった後はみな満足げな様子でした。

2018_8_28_2_2

この日は皆で御嵩町と瑞浪市の間をまたぐ鬼岩温泉の「了山」という宿に宿泊。

なかなかこのメンバー全員で集まる機会がないので、夕食は鮎の塩焼きなどの美味しいお食事を頂きながら、和気藹藹と楽しい時間を過ごせました。

私は余りの暑さに脳みそは沸騰状態、ただでさえ回転が悪くなっている頭の回転はないも同然。お孫ちゃんに「まあまちゃん、大丈夫?」といわれるほどぼけぼけでした。

さあ、しっかり休んで疲れをとり、また元気に動かねば・・

2018年5月13日 (日)

今年の母の日は・・

12日は和服の悉皆の引きとりがあったので、高島屋へ。そろそろ夏支度、薄物がお手入れにだしてありました。ついでに8階で催していた上品会を拝見して(三度目だったのでさあっと)、お隣のコーナーで開催されていた山村御流の生け花を拝見してきました。

今日の着物は:しばらく柔らか物は着ていなかったので、久しぶりに北斎模様の小紋で。

Photoきもの:北斎小紋

帯:唐花模様の染帯(東京手描き友禅)

帯締め:真砂子(平田組紐)

家に帰ったらこんな母の日のプレゼントが来ていました。Photo_3

Photo_2左は長男のお嫁さんから。可愛い山アジサイです。

右は娘から。カサブランカです。

両方ともきれいですね。しばらく玄関を良い匂いで満たしてくれます。

続きを読む "今年の母の日は・・" »

2018年5月 3日 (木)

鰻で懇親会

Photo_3毎年小田原の北条五代祭のあるこの時期にお婿さんの実家のご両親のお招きで、小田原の名店鰻の”柏又”で懇親会がここ十年近く続いてきました。

まだまだ孫が小さくて父親の肩車で御神輿や武者行列を見物していたころからの行事です。

今年は夫が体調不良で欠席、あちらのお母さんも持病が芳しくなく往年の元気はなく、食も細くなられた様子。

加齢による変化は致し方ないこととはいえ、淋しいですね。

とはいえ、他のメンバーは元気ですので、いつものようにおいしく楽しくお食事をしながら二時間を過ごしました。あちらのお父さん曰く、「そろそろおしまいにしようかと思ったのですが、やっぱり来年からも続けよう、元気なうちは・・」ということで、来年またおいしい柏又の鰻に御目にかかることができるかも・・

それにしても近頃の気候不順に加えて加齢による体力低下、家に帰ったころはもうぐったり疲れ果てたという情けない有様でした。

今日の着物は:午前中は晩春の嵐でしたが、午後はなんとか回復。が、もう梅雨の時期のように蒸し暑い。なので思い切って単衣で。

Photo_4着物:本塩沢単衣(林宗平工房) 帯:陶絵模様の掬いの帯(まこと織物)

小物はすべて袷仕様です

2018年2月12日 (月)

A ちゃん、おめでとう!

11日にピアノコンクール、日本バッハコンクール決勝大会が、よく12日に結果、表彰式が上野学園石橋メモリアルホールでありました。このホールであるのは小学5、6年生コース。Aちゃんは横浜地区予選を経ての出場です。実は昨年も予選を通過して全国大会に出たのですが、残念ながら無賞に終わっていました。今年は横浜ではトップ通過二人に与えられるYOKOHAMA賞を頂いていたので、なんとか賞を頂けるところに食い込みたいと思っていたようです。

このコンクールはバロックを学ぶということが主眼ですので、あくまでも勉強の成果を披露するものだとは思いますが、なにせ北は札幌、南は沖縄までの予選を経ての出場ですので上手な方が多くなかなか結果を出すことはできません。

「勝負服の赤いセーターを着て応援にきてね」といわれ11日には私の妹、彼女の伯父に当たる長男夫婦、父方の祖父母とともに応援鑑賞に行きました。もちろん私は定番の赤いセーター、Aちゃんも赤いドレスです。

Aちゃん、がちがちに緊張、思うように指が動かなくて本人としては不本意なでき、演奏後、会場に入らないでロビーで一人で泣いていたようです。

と言うわけで、翌日の発表には来なくていいよ、ということだったので、予定通り私は落語。楽しんで帰ってしばらくしてAちゃんより電話、「あのね、ベスト賞とと銀賞が貰えたよ」本人も周りもびっくりでした。ベスト賞とはその曲を弾いた人の中で一番が貰える賞だそうです。演奏曲インベンション11番はバッハさんが一番悩んでいたころの曲で、その苦しみを演奏で出すのが難しいのだとか・・うまく音が出なくて暗い気持ちで弾いたのが良かったのかな?

とにかくご指導いただいた松崎伶子先生には感謝です。

Photo_2
素敵なトロフィーとベスト賞の楯を頂きました。Photo_3

2018年1月28日 (日)

作品展で作ったものは・・

018_1_27_2_2
先日孫の小学校であった作品展で、左の作品が展示されていたそうです。

まだ綿は入っていませんが、おばあちゃんのために作ったクッションだそうです。おばあちゃんとは私のこと、作品案内には「食事を作ってくれてありがとう」とあります。彼女にとっては仕事に忙しい母親に代わっていつも食事を支度してくれるおばあちゃんは大きな存在なのでしょう。両親とも働いている家庭が多くなった今の時代で、スープの冷めない距離にいて日常生活の面倒を見てくれる祖父母がいかに大きな存在であるかがわかります。家で一番彼女が言いたいことが言える存在であるのも事実です。彼女が大学に入るころまでは母親代役が務まるよう、元気でいなくてはと改めておもった次第です。

2017年12月23日 (土)

冬の東北初体験 12月21日~23日

2017_12_21目的地は岩手県雫石、娘たちがスキーに行くのに乗っかっての旅行、もちろん転んだらおしまい、寝たきりになる可能性のある私はスキーはやりません。

東北の冬の寒さの程度が分からないので、手持ちの衣類で考えうるだけの防寒をして出かけましたが、ピリッとした寒さは潔いほど気持ちよく、何の問題もありませんでした。もちろんこの環境で生活していくことを考えなければという旅行者の甘い感想です。

今年の冬は気温の変化が関東地方でも激しく、例年になく身体が痛い、宿泊予定の雫石プリンスホテル内には高倉温泉という温泉があるというので私の目的はこちら。

娘たちは車で六時間半かけての旅行ですが、車が苦手な私は秋田新幹線で優雅に旅行です。盛岡で北海道新幹線はやぶさから切り離されたこまち最初の停車駅が雫石、なんとなんとこの駅で下車したのは私一人、田舎の小さな鄙びた駅といった風情のホームで、エレベーターはもちろんエスカレーターもありません。とても新幹線の停車する駅とは思えないのですが、駅舎は写真のとおりおしゃれなしつらえです。でも人がいないのよね~

2017_12_23ホテルのお部屋からは岩手山など素敵な冬景色がみられ水墨画のような自然の美しさが楽しめました。ゴンドラにのってスキー場も見学、それにしても孫のスキーの上達の早いこと!子供はやっぱり違います。

夜の5時からは車で小岩井牧場へ、綺麗にライトアップされ幻想的な景色を見ることができました。お土産のチーズやクッキーもゲット、

2017_12_22_4_2

2泊して私一人は先に帰宅、雪の雫石駅のホームも映画のワンシーンのようで、ひとりでホームにたっているとなんだか胸がキュンとなるような気分になりました。たまにはこんな旅行もいいですね。

2017_12_23_2

2017年12月10日 (日)

すっぽん料理

春に京都に行った時本家たん熊でいただいたすっぽんの一人鍋がおいしくて孫ともども大絶賛し翌日はコラーゲンの恩恵か二人とも肌がつやつやだったと娘に自慢したのがよほど羨ましかったのか、「すっぽん料理」をご馳走するから食べに行こうと誘われました。

お店は関内にある「空海本店」という日本料理のお店、娘夫婦ともに初めてのお店で、お味は分かりません。京都の時はコース料理の中の一品だったのですが、今回はすっぽんコースで出てくるもの出てくるものすっぽんばかり、最初に生き血をお酒で割ったものがでてちょっと”うっ”と思いましたが、案外生臭さもなく、といっておいしいわけでもなく慈養のために薬酒を頂いている感じでした。

すっぽんの心臓とレバーのお刺身、臭いは特に感じませんでしたが、すべて生姜が添えられているのはやはり気にする方がおおいのでしょうか。すっぽんの一部を使った料理ばかりを並べられると、さずがになんだかすっぽんがかわいそうになってしまいましたが、そう感じたのは私だけではなかったようです。すっぽんはコースの中に一品と言うくらいがちょうどよいですね。お味はう~ん、京都の方が上かな・・

Photo_2左はすっぽんの生き血酒です。臭いはほとんどありません。

今回はコラーゲンの効果はあまりありませんでした。

今日の着物は:今日はおばあさん役なので少し地味目でも気になりませんでした。

Photo_4先日着たばかりですが、今回は帯を南風原花織の名古屋帯で、落ちついた雰囲気になります。

2017年11月10日 (金)

Last 学芸会

2017_11_10_006孫のAちゃんの小学校生活最後の学芸会がありました。

最後だし、六年生の器楽合奏でピアノを担当することになったので、是非来てほしい、おまけに琴部では17弦も担当するので、ということで一年生の時両親の代わりに出かけた作品展以来の学校訪問です。合奏もお琴もうまくメンバーが合わせられなくて先生から喝を入れられてばかりいると聞いていたので大丈夫かな、と心配していたのですが、なんのなんのびっくりするくらいよく合せられていて本番の強さに驚きました。なんでも演奏後先生もとてもご機嫌がよかったとかで、まずは安心しました。それにしても今の小学生って凄いな。

Aちゃんたちの演奏は、まずは午前に琴部で。

・さくらさくら

・大きな古時計

・365日の紙飛行機  この曲で17弦を担当 後の二曲は13弦

午後の部で 六年生全員での器楽合奏 

・ホルスト作曲 『惑星』より木星  ピアノを担当

最後の学芸会で頑張り良い思い出になりました。Photo

帰りがけにAちゃんの下校を待つ間娘と校門前のエリスマン亭にあるしょうゆ きゃふぇでお茶しました。なんでも有名な生プリンだそうです。右にある鶏の形をした黄味と白身を分離する道具で黄味をのせ左の蜂蜜をかけていただきます。

かなりカロリーはたかそうです。が甘味は控えめです。

今日のきものは:

まあまちゃんは素敵なお洋服など持っていないので、今日もお着物で行くけれどいい?と孫に聞いたら「もちろんOK」という返事があったので、安心して着物でおでかけ、もちろんというかやっぱり来訪者に私以外着物姿の方はいませんでした。

Photo_2派手すぎす、地味すぎずというところで今回も紅花紬で、帯を東京友禅の染帯にして少し華やかさをだしました。

帯:東京手描き友禅 唐花模様の染帯(小倉隆作)

2017年8月29日 (火)

1年振りの帰省

今年の夏はとりわけ気候が不順で、べっとりとした暑さ。

体調は史上最悪、八月などは何処へもいかず趣味の着物も着ず、おまけに精神状態も悪く、家でもんもんと過ごしました。が、恒例のお墓参りと温泉行きは実行せねばなりません。

2017_8_27重い腰を上げ、27日から29日まで妹と孫の三人で出かけてきました。ところが待っていたように帰省先も温泉地も穏やかな暑さになり、楽に過ごすことができ、ラッキーでした。

一年間の無沙汰を詫び、お墓の周りの草をとり、綺麗に石柱を磨き、お花を生けてすっきりとお墓周りを整えました。

夜は名古屋のホテルに妹の幼なじみが4人も集まり、昔話に花が咲きました。50年振りの人もいたほど久しぶりの再会でした。

翌、28日は修善寺温泉へ。毎年恒例の湯回廊菊屋でのお楽しみです。横浜から息子も合流しての楽しい湯治になりました。こちらはもう7回目の宿泊になるので、館内も慣れたもの、和気あいあいと温泉を楽しむことができました。来年も元気で来られるといいなとおもっています。(27日、長養寺境内にて)

2017年6月25日 (日)

第35回 すずよ会

Photo年に一度の松崎伶子先生の門下生による発表会、すずよ会が代々木にあるHakujuホールで開かれました。今年は35回目になるそうで、今年御年75歳になられる松崎先生が40歳の頃から続いている会ですからすごいことです。

35回という節目で長老のお弟子さんから孫のAちゃん達まで総勢28名という盛大な会になりました。

今年は幼き頃から天才少女とうたわれ数々のコンクールで最高の賞を取られた先生の素晴らしい演奏を二台ピアノでたっぷり聴くことができました。その音のすごさは大変なものでキラキラ光るような高音からとてもご高齢とは思えないボリュームのある低音まであの小柄な体からどうやったら出るのだろう、と思われる演奏ぶりでした。

Aちゃんも今年は上手に演奏でき、後で先生から「今日は上手に弾けたわね、頭を使って弾いたでしょ、いつも頭を使って弾いてね」とほめていただいたそうです。うん?これはもしかしていつもは頭を使わないでたらたら弾いているってこと?

Photo写真は終了後花束を先生に渡す孫のAちゃんです。

午後1時半から7時近くまで長丁場でしたが、一年に一度味わえるクラッシック三昧の一日でした。耳福、耳福

体調が極めて悪く、欠席しようかな、と迷ったほど、でも孫のAちゃんががっかりする姿を想像するとかわいそうで、頑張って出かけてきました。しゃきっとするにもできなくて着物は急遽断念。こんなことは初めてです。

その他のカテゴリー