芸術・芸能

2018年7月14日 (土)

猛暑の中を権太楼独演会へ

2018_7_14_3
あまりの灼熱地獄で行くの止めようかなあと思ったほどの暑い日、思い直して気分を立て直し、着物で行ってきました。着物の良いところは着るときはちょっと暑い様に思えますが、着てしまうと気分はしゃっきりするし、意外に風通しがよくて裾から入る風で涼しいことです。

開演前ロビーで待っていると洗いざらしの涼しそうなシャツを着たいがぐり頭のおじさんがそばを通って行きました。よくよく見たら、なんと権太楼師匠、ロビーで著書の販売でした。

落語家魂」という読売新聞で連載されたものに手を加えて出版されたものですが、面白そうなので購入、権ちゃんサイン入り、握手付きでした。(あっと言う間に読了、面白かった)

そして本日の演目は1.試し酒  2.居残り佐平次

試し酒は酒の酔い方がリアルに表現で来ていて、師匠は本当は大酒のみなのかな、と思わせるほどのうまさ、居残り佐平次は大ネタですが、何度も何度も演じその都度削ぎ、加え、練りを繰り返し完成度を上げてきた噺という感じがし、佐平次の小悪党ながら魅力ある人間像が鮮明に演じられていました

権太楼の魅力あふれる充実した独演会でした。

今日のきものは:前回の談春独演会の時洋服で行ったら売店のお姉さんから「あら、洋服ですか」と言われたので暑い日でしたが、頑張って着物で行きました。着てしまえばこちらのもの案外涼しく過ごせました。

Photo何年振りかで母のお下がりの夏塩沢を着てみました。かなり地味でもう少し後かなと思っていたものがやっと着ごろになったようです。

喜んでいいのか悪いのかは分かりませんが・・

着物:夏塩沢  帯:本羅織りの名古屋帯 帯締め:蘭菊

2018年7月 6日 (金)

何年ぶり? 立川談春独演会

2018_7_6

人気噺家でチケットは抽選、当たったためしがない私ですが、今回は珍しく当選!談春落語は5年ぶりくらいになります。

演目は1.九州吹き戻し 2.へっつい幽霊の二つ。

前者はネタおろしの時に同じにぎわい座で聴いたもの。師匠談志の得意ネタだそうです。その時はまだまだこなれていなくて、途中で寝てしまい、最後の落ちも覚えていない始末でしたが、5年の歳月で変わりました。もうすっかり談春落語として定着したようです。2.のへっつい幽霊は初めての演目ですが、初めてなのに通しで聴けてラッキーでした。1時間の長講でしたが、ぐいぐいと引っ張られ最後の落ちまで楽しく聴けました。

5年前と違って談志師匠から解き放たれた感じがしたのですが、どうでしょうか、その辺に談春落語の進歩の要因があるのかもしれません。

にぎわい座ではチケット抽選の演者ですが、今後も応募してみようかな、という気になる魅力ある高座でした。

今日は急ぎのため洋服で・・

いつもお茶を買う売店のおねえさんに「えっ!お着物ではないんですか?私洋服姿初めて見たような気がします」と言われてしまいました。実際にはたま~に洋服で行くことがあるのですが、着物姿の印象が強いのでしょうね。

2018年6月25日 (月)

六月大歌舞伎 - 夜の部

2018_6_25

午後の部の演目は 1.夏祭り浪花鑑

             2.巷談宵宮雨  の二つ、演目数が多くないのでじっくり楽しめるのがよいですね。

今回は大阪の友人が吉右衛門がご贔屓で是非観たいと言うことで急遽銀座にホテルをとって観劇することになりました。幸い新聞購読者優待券なるものが手に入り半額で1等席を手に入れることができた上に割り当てられた席が前から5列目。ラッキーでした。

両方とも殺しの場といわれる場面がある夏向きのお芝居でしたが、特に巷談宵宮雨の方は中村芝かん、松緑、の演技が素晴らしく怖さと滑稽さの混じった笑いのでる楽しいお芝居でした。はるばる大阪から出かけてきた友人も大満足の1日でした。

今日のきものは:久しぶりの楊柳の付下、派手にならないうちにどんどん着なくてはと思っています。今年はまだ大丈夫でした。

 

Photo着物:槇模様の楊柳の付下(小倉貞右作)

帯:絽綴れ(細見華岳作)

帯締め:冠組 木の葉(平田組紐)

2018年6月24日 (日)

映画 羊と鋼の森

2018_6_24_001_2
何年ぶりでしょうか、映画館に行って映画を観たいと思ったことは・・

ほんの二時間ばかりの映画のために主婦としてロスする時間は意外に多く、疲れるから止めようと思ってしまう。そのうちテレビでやるからその時に観ればいい。妹のように一人暮らしだと、食事の支度の心配をすることもなく、気が向いたらひょいと映画を観に出かける、いつも羨ましいと思ってしまう。

今回は娘たち夫婦と孫も乗り気で一緒にでかけようということになり、本当に久しぶりにみなとみらいの映画館まで出かけてきました。

孫がピアノをかなり熱心にやっているせいで、ピアノ関係の書物に興味をもつようになり、「蜜蜂と遠雷」に続き、調律師の世界ものぞいてみたいと思い原作本を読んで感動したことがきっかけです。

良くできた映画だと思います。配役も原作のイメージとうまくかさなり、本の中では想像するだけだった森のイメージも素晴らしく、若い調律師が人間としても調律師としても成長していく姿を的確に描いていました。

涙もろい私は心に共鳴する場面があると涙となってその気持ちが表れてしまうのですが、その回数の多かったこと!ピアノに縁のない方もきっと感動する映画だと思いますよ。

2018年6月14日 (木)

初新派 ー 黒蜥蝪

Photo優待券を頂いたので、一度体験してみたいと思っていた新派を観に友人を誘っていってきました。

といっても新派新派した演目ではなく江戸川乱歩原作の黒とかげ、今回は新しく新派に入団された河合菊之丞さんと喜多村緑郎さんというもと歌舞伎俳優のお二人が主演。

三越劇場は初めてですが、こじんまりしたレトロ感覚の作りでこういったお芝居にはぴったりでしょう。

自分でお席は選べませんでしたので、2列3番と言うかぶりつき、といっても一列目はありませんでしたので実際には最前列、俳優さんや舞台上がリアルに見える臨場感はんぱないお席でした。たまにはこういう体験もいいですね。

お芝居はというと前半はちょっと勢いがなかったのですが、休憩をはさんだ後半から一挙にテンションが上がり、終幕まで目が離せない展開になりました。

次は新派らしい日本調の古典を拝見するのもいいかもしれません。

それにしても二人とも方向音痴のおのぼりさん、帰りは三越から日本橋高島屋へ行く道に迷い、高島屋から地下鉄に行く道に迷った挙句、東京駅へ。年はとりたくないものです・・・・

今日の着物は:前回と同じ波模様の単衣の付下げ小紋、観音紗より華やかな秋草模様の絽綴れに替えました。お孫ちゃんのアドバイスです。

Photo_2

2018年5月15日 (火)

うまいね、文菊さん

2018_5_15相変わらずくたくたになった状態でにぎわい座へ出かけるので、本当に申し訳ないけれど前座さんのお噺はいつも半分夢の中。

そんな状態でも目が覚めるような噺を聴かせてくれるようになれば自然に寝ていられなくなる、そう思って精進してくださいませ。

ほぼ一年振りだと思いますが、文菊さん、やっぱりすごい!まだお若そうなのに、貫禄はあるし、粋で品が良い。出囃子にのって出てくる姿もさまになっている。こういう出方をする演者は今まででは市馬さんしか知りません。伝統をしっかり受け継いで古典を追求していこうという姿勢は私の好みにあっています。

演目は「あくび指南」、「火焔太鼓」、「百川」の三席。全部良かったけれど勢いに乗ってきた「百川」が特に良かった。昨年初めて聴いた時の「らくだ」のインパクトが凄かったのですが、こういった滑稽ものもまた味がありました。

初めて聴いた友人が「すごくよかった、これからいつも聴きにこよう」と言っていました。またおっかけが一人増えましたね。そんなに遠くなく、にぎわい座の二階まで埋められるようになると思いますよ。

今日のきものは:少し暑さが引いたかと思い、再び袷に戻りました。といっても袷の中では一番涼しい大島です。久しぶりに今の季節の花、紫陽花模様の帯を合せてみました。

Photoきもの:泥藍大島 母からのお下がりです。もう60年以上前の母が30代のころの着物ですが、色あせていません。大島は息が長いですね。

帯:薄香地に紫陽花模様の染帯 出番が少ないのは季節のタイミングと少し地が厚いので、もったりして暑苦しく、避けてしまいます。芯をもっと薄いものに替えて軽やかにすると良いのかもしれません。

2018年4月28日 (土)

上品会と雅楽鑑賞

2018_4_28_001

毎年恒例のきもの展示会上品会が芝の増上寺で開催されました。今年も早々に内覧会で作品を拝見していますので、今回の主目的は始めて体験の雅楽の演奏。

以前から東儀秀樹さんには関心がありましたので、たのしみにしておりました。

ホールでは東儀さんが越天楽を笙で演奏しながらの登場です。他の楽器の演奏は音で流し、合奏形態をとっての演奏です。

なんでもいわゆる雅楽だけでなく、今や小学校の音楽教育からはずされつつある日本の唱歌の演奏を試みたり、オリジナル曲を演奏したりと雅楽のみならず幅広い音楽を追求していこうと精力的に活動をされている様子。

しちりきという小さな笛や龍笛の紹介もあり初めて雅楽に接する初心者にもなじみやすい演奏でした。

演奏の後は記念の写真を皆さんと一緒にパチリ、良い思い出になることでしょう。

今日のきものは:友人が猪・鹿・蝶の連作のひとつ猪の帯で来ると言うので、私もそれにあわせて牡丹と蝶の掬いの帯で。着物は今年は登場の機会の多い白大島。帯締めだけは変えて西大寺組で。

PhotoPhoto_2右は友人の帯、今回は法事があるため欠席だったもう一人が鹿の帯を作っています。三そろいにならなくてちょっと残念でした。

2018年4月12日 (木)

さん喬独演会

2018_4_12三月は色々あったので、落語も随分久しぶりな気がします。

近頃は友人たちとも一緒にならず、つまり、だんだん好みが違ってきたのでしょうね、一人鑑賞が多くなりました。

春休みで孫が常駐し、なんやかやと忙しいうえに入院騒ぎ、少々体力も低下しているということもあってにぎわい座についたころにはぐったりお疲れと言う情けない状態です。

前座さんの噺は夢の中、ごめんなさいね、一生懸命やっていたのは分かっていましたが・・

さてお目当てのさん喬師匠、今日も頑張ってくださいました。「死神」「お菊の皿」「百川」と夏に縁のある噺がつづき、さてこれでお開きかと思った時、「いや前振りに夏の医者をやると書いてしまっていたのですが、楽屋に入って前振り通りにやると重なってしまってまずいことに気づき、急遽演目を変えました。ですが「夏の医者」を聴きたいと思っていらっしゃったお客様がいらっしゃるかもしれないので、もう一席やります」ということで、思いがけず今日は4席聞くことができました。ラッキーでした。

死神」が良かったですね。先日志らく師匠がテレビでちょこっと死神を話していましたが、あんなふうに軽くやってしまうとこの噺は面白くないなあ、と感じていた矢先だったので、今日のさん喬師匠ひときわ輝いて見えました。

夏の先取りという前触れ通り十分に夏を先取りして楽しめました。

今日の着物は:一か月ちょっとしか経っていないのに、久しぶりに着物を着るようなきがします。真冬に着た紬ではもう暑苦しい、今時はさらっとした紬がいい。ということで久しぶりに60年物の母のお下がりの紬を着てみました。洋服じゃこうはいきませんよね。

Photo着物:出自不明の紬、母はもういないので聞くことができません。十日町紬ではないか、と言われたのですが私は?です。

帯:花兎模様の染帯 初めて自分で購入した帯です。

2018年3月 2日 (金)

柳家三三独演会 at にぎわい座

2018_3おととしの7月以来の三三独演会、楽しんできました。

左のポスターのおしゃれ感覚から察せられるように、会そのものが楽しく現代的。ちょっと聴かない間に三三落語は進化していました。以前から若いのにうまい人だと思ってはいましたが、そのうまさに磨きがかかり、なにかから解き放たれたかのような、奔放ともいえる言葉の豊富さ。磨かれた言葉の数々が雨あられのように降ってきます。20180302211334

古典落語の「たいこ腹」もかなり言葉の遊びが増えており、今ままで聴いたなかでも個性的、

豚ざんまいシリーズの作者”白鳥が飛来”して、本家本元の豚次伝第一話を披露、訥々とした噺ぶりもこれもまたありかな、という目からうろこの会でした。

最後に再び白鳥作の新作「腹ペコ奇談」も三三らしく、言葉が良く練られており、なかなか楽しいお話になっていました。

たまには正統派とはいえない、チャレンジ落語もいいかな、というのが今回の感想。

今日のきものは:三月になったので、春の匂いをと思い、千鳥が淵の桜を描いた染帯に先日届いた桜の季節にとお願いした帯締めで。きものは今年お気に入りの十日町紬で。

Photo写真では帯が白く映りすぎですが、実際はもう少し、しっくりと着物に合っています。

きもの:十日町結城紬

帯:千鳥が淵の桜模様の染帯(高木空木作)

帯締め:笹波組(平田竹峯作)

2018年2月15日 (木)

二月大歌舞伎 ー 高麗屋三代襲名披露

Photo_2高麗屋三代襲名披露歌舞伎に行ってまいりました。本当は午後の部に行きたかったのですが、席が取れず、午前の部になりましたが、これがまたなかなかよく十分に堪能してきました。

久しぶりに春の兆しが見える暖かい日。ほんの二週間前に大雪が降ったとは思えません。三寒四温といいますから、これからも寒暖を繰り返しながら本物の春がやってくることでしょう。着物を着て銀座を歩いていても気分が華やぐ日でした。

演目は左のポスターにあるとおり、四つですが、印象に残ったのは新幸四郎の一條大蔵卿役、そして成田屋の家芸、歌舞伎十八番の“暫”の華やかなにぎわいぶり、そして実はあまり期待していなかった”井伊大老”。

一條大蔵卿の新幸四郎、呆けた役の呆けっぷりと理性がちらっと垣間見える瞬間の変り目が良かった。文句なく役者としての力量を伸ばしていらっしゃることがわかりました。  

そしてお祝いとして演じられた成田屋のお家芸の暫は初めて拝見しましたが、単純な勧善懲悪劇がご祝儀の舞台にはぴったりで、海老蔵の大掛かりな衣裳もこれまた必見、なんと総重量60kgとか、こんなに体力のいる仕事では役者は身体の管理が大切なことがよくわかりました。楽しいお芝居でした。

そして”井伊大老”、桜田門外の変の前日の様子を描いたものですが、吉右衛門の堂々とした直弼と雀右衛門の愛妾のからみがよく、ほろりとさせられる一場面でした。

少々チケット代がお高いのが難点ですが、年に二三度は歌舞伎を堪能したいですね。次は何にしましょうか。

今日の着物は:歌舞伎見物はちょっと華やかにと心がけています。

Photo_3きもの:小倉貞右作(東京手描友禅)

山王日枝神社の祭りを描いた華やかさのある付下げです

帯:若松文袋帯(帯の岩田)

帯締:笹波組(平田武作)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー