和装

2019年11月15日 (金)

オグリ 猿之助バージョン

Photo_20191118085401 二か月も前から先行販売で座席をゲットし、楽しみにしていたスーパー歌舞伎Ⅱ、小栗判官は猿之助です。「ワンピース」のとき猿之助さんが事故で大けがをされ彼のルフィを観ることができず、またその後の復活が素晴らしいと聞いていたので、今回はぜひ彼の小栗判官が観てみたかったのです。

エンターテイメントしては素晴らしい演出で、鏡を使って劇場に奥行きを見せ、映像を駆使した演出はまPhoto_20191118110701さに新歌舞伎、古典歌舞伎を見慣れた私でも何の違和感もなく次々に出される驚くような演出にただただ、驚嘆して舞台を眺めていました。

いつものようにイヤホンガイドが必要かなと思って受付で尋ねたのですが、「とても分かりやすくできていますので、今回は必要ありません」という返事。なるほどなるほどテーマも筋も非常にわかりやすくできており、演出の見事さが伝わってくる作品でした。(右の写真は開演前の舞台の様子、背景に鏡が使ってあるので劇場がとても広く見えます)

最後のリストバンドを使っての”歓喜の舞”は大盛り上がり、日ごろの憂さを晴らすにはもってこいの楽しい観劇となりました。

そうそう”金坊”役で出演の市川右近ちゃん、本当にかわいらしい声でかわいらしい演技、ほっぺをぷにゅぷにゅしたくなるようなかわいさです!

 

今日のきものは:今日の気分はお祭り気分、ちょっと遊び心のある祭り模様の付け下げを着ていきました。友人二人もおしゃれな付け下げで。

2019-1115

きもの:東京手描友禅 江戸の祭り(小倉貞右作)

帯:波模様の白地袋帯

帯締め:片面亀甲(平田組紐)

2019年11月 8日 (金)

最後の同窓会

今回が学年同窓会としては最後ということで、名古屋まで出かけてきました。

クラス会は毎年10月19日にあるのですが、ほかのクラスの人たちとお会いできるのは学年会のみ。6年間中学高校と通った学校ですから、ほかのクラスにも知り合いがかなりいます。大学から地元を出てしまった私としては高校卒業以来その方たちとは濃厚なかかわりはなく、お会いできるのは学年会のみ。その同級生たちの中にも鬼籍に移られたかたもあり、だんだん寂しくなっていたところでの最終回宣言。みな年を取り幹事の方々も重荷になってきたのだと思います。

わがクラス、三年E組はクラス会同様出席もよく、一つのテーブルには収まらない状況でした。ほかのクラスのテーブルの方々は名簿をみて記憶にある顔を探すのですが、どうしても昔の姿とダブル人が見当たらない始末。逆に言えば、私と思い出の中の私との記憶が一致しない人も多くいらっしゃったことでしょう。それほど年を取ってしまった、ということでしょうね。人生とはまことに儚く、時の流れは自分の意識より早く過ぎていくものなのだ、と実感いたしました。

ひとつの締めとして出席してよかったと思います。

毎年あるクラス会は都合のつく限り、元気で一人で遠出ができる限り、今後も出席しようと思っています。

「遠くからきてくださるから、幹事はいいですよ。来てくださるだけでうれしい」といってくださるクラスの皆さん、お言葉に甘えさせていただきます。ありがとうございます。

今日のきものは・

2019-11-8

きもの:紬の訪問着(山岸幸一作)紅想い(はなおもい)

帯:掬いの袋帯(まこと織物)

訪問着といっても織の紬なので、格はあまり高くありません。同窓会にはちょうど良い着物だと思います。

2019年11月 1日 (金)

恒例 矢代仁展へ

2019-11-1_20191104234901

私の大好きな着物メーカーの京都 矢代仁さん、上品会の同人でもある老舗です。今年は東京の明石町にある、料亭「治作」での開催です。

一概に着物といっても洋服と同じく、メーカーさんによって趣が違います。矢代仁さんは母の代からの我が家のごひいきで、特に御召は他の追従を許さないと私は思っています。

といっても老境にさしかかっている(入っている?)私や友人たちはそうそうは毎年買うほどの余裕はありません、が、拝見するだけで目の保養になり、この次はこんなものをと想像するだけでも勉強になります。

会場である料亭「治作」は水炊きで有名だそうで、回廊造りになっている建物の中心には池があり、大きな錦鯉がたくさん泳いでいました。

料亭の方々もとても感じがよく、気持ちよく着ものや帯を拝見し、楽しむことができました。Photo_20191105000201

お料理も大変美味しかったですよ。ごちそうさまでした。

右の写真は食堂から見た池、鯉がいるのがわかりますか?

 

 

今日のきものは:矢代仁展なので、矢代仁さんの作品を着ていきました。

1

疋田模様の御召に絵緯で小花模様を織り込んだかなり技術的にも高度な御召。・

糸も細く、しなやかな着こごちです。

帯:染帯としては格の高い羽田登喜夫さんの菊に鴛を合わせてみました。

 

2019年10月20日 (日)

やっと一段落したので

13日に予定されていたにぎわい座の古今亭文菊師匠の独演会が中止になり、12月に延期されたので、予約していた12月のチケットを受け取りに行く機会を逃していました。規約では15日までに受け取らないと自動キャンセルとなることになっていましたが、15日に旅行を控えていたし、なにやかやで、いけない、にぎわい座に交渉したところ特例として21日まで待ってくださるとのこと。大いに助かりました。

また15%引きの優待が今日までとのことなので、欲しいと思っていた半襟と足袋を買う予定もあり、チケットを受け取った後、高島屋まで足を延ばしました。秋らしい帯付きのきものには最適な日だったので、久しぶりの御召で。帯は芯の入れ替え済み、御召は仕立て直し済みと、新しい着物を着るときのように新鮮な気分になりました。

たまたま来合せていた着物仲間の友人と茶房でお茶、天高く馬肥ゆる秋になりそうです。

 

201910204201910202

 

 着物:クリーム地の御殿絣の御召

 帯:赤茶地の椿模様の縮緬地の染帯

この帯は母から譲られたものですが、とても重宝する帯で、今回で芯の入れ替えは二度目。それだけよく結ぶということですね。30年近くたちますが、色あせていません。

2019年10月16日 (水)

二日目は馬籠の宿へ

2019-10-16_20191024205201 

二日目の朝はぬけるような秋の空、つい先日の台風の残した爪痕が信じられないような良いお天気。これなら今日一日馬籠の宿を着物姿でも満喫できるだろうと期待大。

恒例のホテル前での記念写真撮り、そしてもよりの土岐市駅まではタクシーで移動です。今回の旅のリーダーの提案で、移動は省エネ重視、タクシー移動をすることになりました。私も還暦を過ぎたら交通手段はお金より快適を選ぶことにしていましたので、大賛成。

土岐市駅からは中央西線で中津川駅まで移動です。駅からはタクシーで、馬籠の宿まで20分ほど。

そうそう、中央線で中津川まで行くのですが、車窓から見える景色はのどかな田園風景、ちらちら新しい家が建ちならんでいるのが見えましたが、のんびりとしたゆるやかな時間が流れているのは昔とそうかわりません。

Photo_20191024210701Photo_20191024210901

 

 車を峠の上につけてもらい上から石畳を降りてきましたが、かなり外国の人も多く、にぎわっていました。

京都や奈良のような騒々しさがなくゆっくりあたりの風景を楽しみながら歩けたのは本当に良かった。

おいしいと評判の五平餅を出すお店が二軒ともお休みだったのは五平餅目当てだった私としては残念無念!

台風で急遽目的地を変更した旅でしたが、予想以上に楽しい二日間になりました。

 

二日目のきものは写真の通り、帯だけガマズミ模様の染帯に変えて。

 

2019年10月15日 (火)

秋の三人組旅行

台風19号の猛威は全国的で、想像以上に河川の氾濫が多く、多くの方々が被災されました。

そんなとき呑気に旅行というのも気が引けるのですが、なにせ人生のノートの残りページの少なくなったシニアのおばさん友達三人組、当初予定していた長野の仙仁温泉が千曲川の氾濫で、キャンセルとなり、それでもせっかく予定を開けて息抜きをと楽しみにしていた時間をなくすのがもったいなく、急遽、岐阜の鬼岩温泉に予約を入れ予定通りでかけることとなりました。昨秋も泊まった「了山」という宿です。

岐阜の東濃あたりは被害もなく、電車の窓から見える景色ののんびりした秋の風情、穏やかな日常が営まれているという印象でした。

おいしいマツタケの土瓶蒸しを含めた料理を頂きながら、たわいない日常の噺をかわすひと時、中学以来の長い付き合いの友人たちとの時間は大切な人生の一コマです。

今回の旅行もいつもの通り、着物で。足さばきの良い大島紬を着ていきました。

Photo_20191023233101Img_0889 

15日の出発時の装いは泥大島に暈し模様のつづれの帯、絵羽模様におられた着物にすっきりとした帯は、なかなかよくマッチしていました。実はこの帯、私はあまり好きでなくほとんど締めたことがありません。硬くて締めにくいからです。これを機会に時々登板させて柔らかくしていきたいと思います。(帯:上野)

 

 

2019年10月 6日 (日)

やっぱり単衣

久しぶりに着物仲間の友人と待ち合わせて横浜へ。

衣替えの季節でお互い悉皆やなんかお願いするものがあったので、それではお茶でもご一緒しましょう、ということになったわけです。どちらかというと寒がりの彼女は衣替え済み、縹色の大島をしゃっきりと着こなしていました。20年も着物を着続け、着物になじんでくるとやはり着物が体に沿ってくれるようになるようです。

私はまだまだ袷を着る気になれず、単衣の本塩沢で。

22019-10-6-2

きもの:本塩沢 

帯:ブドウ柄の紬の帯(帯だけは袷用です)

帯締め:栗梅色の冠 (道明)

2019年9月18日 (水)

吉右衛門不在の秀山祭でしたが・・

2019-9   大阪の友人が吉右衛門ファンでどうしても一度観たいということで、今年の秀山祭のチケットを取りました。18日の夜の部、席もなかなかよく、七列目の中央近く、演目は寺子屋、幸四郎の勧進帳、松浦の太鼓、寺子屋で吉右衛門の松王丸が観られると張り切っていた友人、東京について初めて16日から高熱のため休演だと知り大いにがっかり・・

それでも芸達者がそろう秀山祭、松王丸は松緑が代役で演じて、吉右衛門のようにはいきませんがなかなかの熱演、義理と親の心情のはざまでゆれる難しい役どころをしっかりと演じていました。突然の代役でさぞ大変だったことでしょう、なんでも松王丸は二度目とのことですが、一度の経験で急な代役をこれだけこなせるとはたいしたものです。このような経験を経て役者は成長していくのでしょうね。

そして、勧進帳が素晴らしくよかった!幸四郎も昼の部の沼津で吉右衛門の代役を務め(これは初役だそうです)、膨大なセリフを一夜にして覚え演じきったのはすごいことです。そして夜の部では義経を思う心情と弁慶の人間の大きさを見事に演じ、最後には幸四郎弁慶そのものが大きく見えた秀逸な舞台になりました。思うことは同じ、隣の席の友人も「幸四郎が大きく見えた、役者が大きく見えるときは出来が良かったということよね」と感激していました。「吉右衛門は観られなかったけれど、こんな素晴らしい弁慶を観られたから今回は満足」と大阪に帰っていきました。

 

今日のきものは:ここしばらく体調がはかばかしくなく、着物を着るにも身が入りません、といって怠けていてはどんどん老いるばかり、ということで、単衣の付け下げ、昨年白すぎて着られなかったものを染め変えたものです。今度は少し地味になったかな、というところ。

2019918 コーディネイトがもうひとつしっくりこなくて来年着るときは練り直しです。

着物:波模様の付け下げ 

帯:九月も半ばすぎたので、つづれの帯で、(つづれの帯 ベルリンの花 石川つづれ)

 

2019年9月15日 (日)

薄物卒業

年を一つ重ねたせいか、ことのほか今年の夏はつらかった・・

昨夏よりは猛暑日は少なかったけれど湿度が高い、子供のころから夏は大の苦手で、食欲はなくなる、勉強も体がだるくて身が入らない、この世にこの湿度の高い夏がなかったら、私はもっと大成していたのでは、と思うほど(単なる怠け者のいいわけですが)夏はいやでした。若いころはいまでは想像もつかないほど超やせっぽでしたからそのことも影響していたのかもしれません。まあ、鶏と卵の追っかけっこみたいなものです。

と、なんだか怠け者のいいわけみたいなことはこの辺にして、さすがに9月も15日、薄物とはいかず、今秋初の単衣のきものでお出かけ。

着物仲間の友人とふたりいつものデパートに行き、志村ふくみ、洋子さんのアトリエの作品を拝見しながら着物談義。さすがに桁の違うお値段の数々、欲しいとも思わず、冷静に拝見できるのはかえっていいかも・・です。

出かけているときは元気で楽しいけれど家に帰るとどっと疲れがでます。あ~あ。

今日のきものは:

2019-9-15

 薄手の御召なのでこの時期ぴったりです。

ただ。下に着ている絽の長襦袢との相性が悪く、うっかりすると袖から長襦袢がちらり、

次に仕立て直すときは着物の裄を少し延ばさないといけないかもしれません。

帯締めはぎゅっと締まる西大寺組で、(平田組紐)

 

 

2019年9月 6日 (金)

還暦おめでとうございます!

 2019-9-6_20190910090401  いやはや楽しい独演会でした。一年ぶりの桂米團治独演会、年に一度のこの会を楽しみにしているのですが、若手と思っていた米團治師匠もなんと今年還暦だとか、二席目のとき、「実は還暦で7月まで方々を廻っていたのですが、ここではまだ披露してないから」ということで、羽織袴の正装で登場、羽織は黒地に束熨斗(”つかねのし”と読むそうです)が大きく背に描かれたちょっと愛嬌のあるデザイン、上方落語の遊び心満載のいでたちで会場をわかせました。本日の本命、質屋蔵をとりに京の茶漬蛸芝居の三席を熱演。

 

この三席の中で聴いたことがあるのは質屋蔵のみ、あとの二席は初です。囃子が入り、大きな振りが入り、なんともにぎやかな話しぶり、こういったところが上方落語の特徴であり、江戸落語にない面白みかもしれません。

201996_20190910091601

 

 

さすがに米朝のご子息、毎年聴くたびに精進の後がみられ次にお会いするのが楽しみなる落語会です。

「横浜大好き」のよいしょも健在です。

 

 

今日のきものは:九月に入ってもまだまだ猛暑健在、台風が近づいているせいか、湿気も半端ではありません。今季最後の薄物と決め、琉球上布での外出です。

2019-9-6_20190910092401

紗の帯にしようかと迷った挙句、前回締めた変わり絽の帯で、模様が初夏のように見えますが、青紅葉が一枚描いてあるので、よしとしました。庭のもみじもまだまだ青いですからね。

地色は白地に見えますが薄いグレー地です。



より以前の記事一覧

その他のカテゴリー