和装

2017年7月15日 (土)

七月の落語

2017_7_15マンネリ化を恐れてここ半年ばかりは一か月に一度にした落語鑑賞、それでも選択しかねて二度になることもあります。結局好きなんでしょうね。

今月はご贔屓の一人、柳家権太楼、暑い中を(14:00開演なので)出かけてきました。友人の中には夜の開演を嫌がる人もいますが、私は夕食などのすべての支度を終えて気分を軽くして出かける方が本当は好きなのですが、演者の都合もあるでしょうからしかたありません。

予定では「らくだ」と「黄金の大黒」の二席の予定だったようですが、ただいま練習中で来年早々の完成を目指している「薮入り」をやってみたいということで三席になりました。ほぼ八分どうりの出来になっているのではと思いながら聴いていたのですが、あとちょっとのエッセンスが足りないかな、と言う印象。なんども試行錯誤を重ねて行くうちに落語も完成度を増していくものだからネタおろしとしては上々でしょうね。

いつもの定席「きの11番」、演者からはおそらく丸見えの席、暑さと忙しさの疲労が出てついつい熱演中の「らくだ」で居眠りが出ました。師匠の出来が悪かったのではありません。すごい熱演だな、と思いつつどうしても目が開けられなかった私の身体の方が悪かったのです。ごめんなさい!


今日のきものは:

暑い日でしたが、気を引き締めてきもので出かけました。着てしまえばこちらのもの、それほどではありません。

Photo歌舞伎見物の翌日にも着たので、今期二度目の明石縮。柔らかい雰囲気の着物で私好みです。絹ですが、麻の着物のように涼しい。

きもの:明石縮

帯:櫛織り 櫛織りは本来は単衣のものですが、目が粗く透け感があるので、薄物に合わせています。帯芯を同色の紺にすると雰囲気が変わって本来の単衣向きになると思います。この着物に合う帯がないので当分はこのまま真夏仕様で。

帯締め:蘭菊(平田組紐)

2017年7月10日 (月)

七月大歌舞伎 夜の部

2017_7_10_4大阪と名古屋の友人と半年前に約束して、チケットを取っておいた七月大歌舞伎。六月の発売日にはまだ麻央さんが存命でこんなに大騒ぎになると思っていなかったのが、海老蔵さん長男のかんかんちゃんがママの麻央さんが亡くなったのにもめげず史上最年少で宙乗りをするというニュースで即、チケットは完売になり、歌舞伎座は大盛況。いつもより若い世代がめだちました。

正直若いころの海老蔵さんは余り好きではありませんでした。ご自分でも「以前は他人のことなど考えたことがなかった・・」とおっしゃっていましたが、麻央さんと結婚されてからは人が変わったように人間として役者としての幅が広がり、演技にも幅が出てきたように感じていました。私と同病の麻央さんのブログを今年になってから時々拝見していましたので、亡くなった後は海老蔵さんのブログを拝見して彼の激しい喪失感や幼いお子様二人がけなげに母親の不在に耐えている様子をつぶさに見てきました。最愛の人をもう身近に見られないあの喪失感ほど辛いものはありません。悲しさと言う言葉では言い表せないもっともっと大きなもの・・毎朝襲い来るあの何とも言えない心の不安、喪失感を克服するのにはおそらくまだまだ長い年月が必要でしょう。

舞台はやはり素晴らしいものでした。かわいらしいかんかんをご自分の傍らに引きよせたときの優しい慈愛に満ちた父親のまなざしは決して彼が若いころには見せたことのないものでした。

型を決める荒事は良いけれど人情の機微を表現しないといけない世話ものはまだまだ、と言われていた市川海老蔵も麻央さんによって一皮も二皮も剥けた役者に成長したと思います。

天国の麻央さん、成田屋の女将としての役割をあなたは十分に成し遂げられましたよ。やはり、人生で一番大切な物は本物の愛ですね。

友人二人も「本当に感激した、上京してよかった」といって満足して帰って行きました。

今日のきものは:

Photoすっきりとした仙人草の模様と地色の青紫が大好きな絽の付下げ。友人たちに「涼し気に着ているわね」とほめていただきました。

加賀友禅と京友禅の両方を学ばれた吉田喜八郎さんの作品です。したがって金銀は使われておりません。

帯は絽綴れ 細見華岳さんの作品です。

帯締め:大小杉(平田組紐)

2017年7月 1日 (土)

快気祝い

友人が辛い治療と不安を乗り越え、10年再発なく過ごせ大病から卒業のお墨付きを頂きました。病名は本人の希望により伏せますが、早期発見がなかなか難しい病で、知り合いの中では10年再発なく無事生還した人は初めてです。早期発見と同種の病の中では比較的おとなしい型だったのが幸いしたと思います。

ということで大変おめでたい出来事。二人でささやかなお祝いをすることになりました。

もちろん、招待主は今回は私。”日本料理、甍”での夕食会です。せっかくのお祝いの会だから今日は楽しいお話だけにしましょうと、終始きものやおしゃれの話に徹しました。

もちろん二人とも着物姿での出席。夏の風情を感じるお料理の数々をおいしく頂きました

今日のきものは:7月に入ったので着物も薄物になります。ここ二、三年お気に入りの夏琉球を今夏の最初の着物にしました。

Photo光の加減でとても映りが悪かったのが残念。

着物は母の残してくれたものです。

2017年6月17日 (土)

しゃきっとするには着物に限る

2017_6_17_005_3

しばらく精神的にも色々あって身体に影響したのでしょう、季節の変わり目という悪条件も重なってどうも体調が悪い、半年ぶりの名人会だというのに身体がしんどくて出かけるのもおっくう、そんな自分の精神力の弱さと身体に鞭うって半年ぶりに朝日名人会に出かけてきました。

少し風のある良いお天気でした。家の外にでることはいろんな意味で良いことですね。だんだん心も晴れやかになってきました。

名人会も170回とか、相変わらず満員の盛況です。初めて聴きにきたのは確か99回くらいだったはず。月日の経つのは本当に早い。

2017_6_17_004こちらにくると独演会と違って4から5人の噺家の落語を聴くことができます。落語を聴き初めて10年以上毎月通い詰めていますから、そろそろマンネリ化も実は感じ始めています。老後の趣味のひとつとしてこれからも付きあっていくためには新しいご贔屓を開拓しておくのも大事。ということで毎回新ご贔屓探しを兼ねてもいます。左の演目表の中で聴いたことのあるのは「宿屋の富」だけという楽しみな取り合わせ、おまけにさん喬師匠と、市馬師匠以外はお初にお目にかかる方ばかり。お二人の名演はいつものことですが、後の三人さんも凄かった。特に馬石師匠、志ん輔師匠は余りの熱演で顔が真っ赤。脳出血でお倒れになるんじゃないか、と心配になったほど・・身体に鞭うって出かけてきた甲斐がありました。

また少し涼しくなったら聴きに伺いましょう!

今日の着物は:

Photo着物は本塩沢、蚊がすり模様です。帯はめだか模様の絽の染帯。涼しげですが実は芯が入っていて真夏は暑くて締められない。今月限りの出番になります。

本塩沢:林宗平工房 変わり絽の染帯:渋柿庵

2017年6月12日 (月)

青春再見

前回の同窓会はいつだったでしょうか、はっきり思い出せないほどです。おそらく10年は経っていることでしょう。

大学時代に同じクラブで青春を謳歌した仲間に会いました。会場は根津の山中旅館併設の中華料理 古月

生意気にも演劇部に入っていました。入部の動機は演劇を愛する人にとってはいかにも不純な、幼いころからの引っ込み思案な性格を自分を表現することによって変えたかったから。

女子大でしたから、近所の大学(ほとんどおとこばっかりの)との合同のクラブでした。私が卒業してからしばらくして閉部になりましたから、集まったのは前後合せて5年くらいの部員。ほとんどの人を知っています。鹿児島、長崎、長野、富山など遠方からのメンバーもいます。私などは早々に家庭に入ってしまい仕事と言えばアルバイト程度。が、総合職の制度ができる前の女性にとっては就職難の時代、頑張って、頑張って管理職にまで上り詰めた後輩や教鞭をとってきた人などそして男性はもっと華々しく、有名企業の管理職、銀行員、社長経験者、某大女優の御主人として、また映像プロデューサーとしても知名度の高いT先輩など、多彩な部員が青春を懐かしみ、昔に帰った若々しい気持ちで過ごせた3時間でした。

私自身も久しぶりに心が充実した時間が持てました。次の同窓会はどうやらT先輩の製作する映画のロケ見学を兼ねた集まりになるようです。鹿児島だそうですけれど行かれるかな~

今日の着物は:同窓会なのでカジュアル過ぎず、ドレッシー過ぎず、ということで白地の白鷹御召を着て行きました。帯は優しい色合いの牡丹と蝶柄の掬いの名古屋で。

Photo

Photo_2なんと女性の中で私が一番認識できにくかったようです。学生時代は40kgあるかないかのやせっぽっち。そのイメージでいたら10kgは軽く増えた今の私は分からなかったかも。ああショック!

着物:白鷹御召(市原亀之助商店)

帯:掬い名古屋帯(帯の岩田 まこと織物)

2017年6月10日 (土)

またまた暑いです!

恒例の半期に一度の特選呉服の特別ご招待会に友人と待ち合わせて行ってきました。蒸し暑く温度も真夏日。冗談じゃなくきものも薄物でよいような日でしたが、いつもは7月から履く麻の足袋に替えて、足元を涼しくし、出かけてきました。

今回の催しはいつもより品薄で期待するようなお品はなかったので、見学のみ。ただ絽刺しの職人さんの見事な実演は印象に残りました。日本の手仕事はどこの国にも勝る素晴らしいものだと改めて実感です。

今日の着物は:

Photo母のお下がりの夏紬にこれもお下がりの藍染め紙布の名古屋帯。お出かけの時に孫娘に「今日は渋いね~」と言われてしまいました。薄地なので単衣の中でも涼しく着られる着物です。

Photo_2この帯は結ぶ時、簾のように落ちてくるので紐が一本余分に必要な帯。初心者のころは結ぶのに苦労しました。小千谷の職人さんの作品です。

2017年6月 2日 (金)

暑いです!

お行儀が悪く袖をドアノブに引っ掛けてびりり・・ 自分で応急措置をしたのですがなにせお裁縫の素人、綺麗にできませんので単衣の季節に間に合うようにだしておいた夏紬を引き取りに横浜まで出かけてきました。

ここのところ真夏日も珍しくない暑さ、ついこの間単衣ものに衣替えしたばかりなのに、薄物が恋しいと思うほどの陽気になってしまいました。が、下着を工夫して今年三度目の単衣もの、上代御召を着て出かけてきました。

Photo今日の着物:上代縞御召単衣 (矢代仁)                   Photo_3 

上代御召は緯糸に紬糸が混じっており、さらっとして単衣には最適な御召です。

帯:変わり絽のめだか模様の染帯

帯締め:蘭菊

2017年5月28日 (日)

上品会 at 増上寺 2017

2017_5_28_at_2恒例の増上寺での上品会、今年は京都で堪能してきましたので、作品を見るのは薄物中心、季節的にちゃんと考えてあって初夏の増上寺での展示品には夏物が多く表に出してあります。広い空間での催しは拝見する方にとっても楽でゆったりと見られます。

昨日は歌舞伎俳優の中村獅童さんのトークがあったようですが、今日はぐっと専門的に草木染紬作家の山岸幸一さんのトークがありました。以前二三度拝聴したことがありますが、お話も大分進化していて新たな気持ちで聴くことができました。糸から染めから織りからすべて手作り、手作業でなされる工芸品は本当に価値のあるもの、細くてもよいから後世に残るものにしていただきたいものだと思いました。その責任の一端は消費者である私たちの世代にもあると思います。さあ、微々たる力ですが、頑張ろう~2017_5_28_at_001

お昼は再開した東京プリンスホテルで和食を頂きました。ホテルにしては比較的安価でおいしいものが食べられると思いました。

今日の着物は: まだ一応袷の季節なのですが、五月も末だし、暑いし、ということで、本日から小物まで単衣ものに代えました。それでも暑く、時々吹く爽やかな風に助けられました。春の名残ですね。

2017_5_28_at_002
着物:白鷹御召です。 日本三大御召と言われた白鷹御召ですが、板締めをする板大工さんがほとんどいらっしゃらなくなってきているとのこと。伝統を守ることは容易ではないようです。

帯:手織り博多帯 博多ディベロップメントカレッジ出身の小林顕子さんの卒業作品です。若い感性が息づいた作品です。

2017年5月20日 (土)

浴衣

2017娘が寸法が自分に合った浴衣を作りたいというので、おなじみの高島屋呉服部に行ってきました。お目付役に孫のAちゃんも同行です。娘は紺地の浴衣がいいと、写真上の濃紺地に白地の朝顔模様の綿浴衣、下は予定外なのですが、模様が気にいってAちゃんがどうしても欲しいとおねだりした浴衣。なんとこの浴衣、和裁生用の教材浴衣でプリント模様、そのためお値段が超安価、それならば、と娘のお許しがでてAちゃん大興奮でした。

が、生地がいくらお安くても仕立てのお値段は一緒。生地よりお仕立て代の方が高いということになってしまいました。ついでにかわいいかんざしも買ってもらってAちゃん、大喜び。Aちゃんのために買い物にいったようなものでした。仕立て上がりは6月末日、楽しみですね。

Img_0209

夕食は娘が御馳走してくれました。駅のルミネにあるつばめ食堂であつあつの燕ハンバーグを頂きました。

きょうの着物は:夏のような暑い日だったので、着物は単衣で。小物類はまだ袷仕様です。

Photoきもの:本塩沢単衣(林宗平工房)

帯:掬い名古屋帯(まこと織物)

帯締めをもっと初夏らしい爽やかな色合いのものにするとよかったかな、、と思います。

2017年5月10日 (水)

よこはま文菊開花亭

十年以上落語鑑賞に通っているとどうしてもおなじみの噺家に偏り、少々マンネリ化してきます。丁度今がその時期のようなので、どうも新鮮味に欠け熱が入らなくなっていました。それでも老後の趣味のひとつとしてこれからも楽しんでいきたい、そろそろちょっと冒険もしてみよう、そんな気持ちで新しいご贔屓の開拓にかかりました。

Photoちょっと前から気になっていた落語家、古今亭文菊さん、一見真面目そうないかにも王道をいきそうな落語家、今月はこの方を初めて聴いてみることにしました。記憶が間違っていなければ一之輔さんと同じ世代、二十八人抜きで真打ちになった逸材。芸風はお見かけしただけでもおそらく真逆。

今回は横浜での記念すべき20回ということで、大ネタ「宿屋の富」に「らくだ」です。歩く姿から少し女性っぽい芸風かと思いきやとんでもない、とにかく人物の描き分けがうまい、「らくだ」のどすのきいた話しっぷりは見かけとは大違いです。私はこの噺自体余り好きではないのですが、文菊さんの「らくだ」はすごかった。今までにない芸風ですっかりファンになりました。「宿屋の富」も聴かせましたよ。本物ですね。これからが楽しみです。

今日は持病の定期検診日、家に帰ったのが三時半。それからちゃちゃっと夕食の支度をして、着物に着かえてのおでかけでした。連日の外出続きでさすがに疲れ、前座、二つ目の時はちょっとおねむになりました。

今日のきものは:

Photo母のお下がりの泥藍大島、何時まで経っても地味ですね。それでも今の時期は白大島同様、一番涼しく着られる着物です。

帯:白汚しの陶絵写しの掬いの帯(帯の岩田 まこと織物)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー