« あ~恥ずかしい! | トップページ | さすがに今日は・・・諦めました »

2020年7月16日 (木)

五か月振りのにぎわい座

2020-7-16

コロナ禍で落語会から遠ざかること5か月、買っても買ってもすべて中止、特ににぎわい座は横浜市が運営している施設のせいか、決断が早く、見事な中止っぷりと言いたいほどの潔さ。折角抽選で当選した志の輔の高座もあっという間に夢壊れでした。

落語も雲助さん久しぶりです。感染を防ぐために席は一つ置き、飲食はなし、ロビーの椅子もソーシャルディスタンス、少々寂しいといえば寂しい独演会でしたがその分ゆったりと落語を楽しむことができました。

名前の通りちょっとすごみのある声で苦手と言えば苦手だったのですが、若い女性の声には難があるもののその分男性の声には色気があることに気づきました。初めて聴いた”お初徳兵衛”二人のなれそめの場などは、徳兵衛にとても色気があり、魅力的。

ポスターには二席と書いてありますが、一席目に”粗忽長屋”を入れて、大山詣り、お初徳兵衛、と三席じっくり聞くことが出来ました。雲助師匠のところの一門会はとても芸達者がそろっていて楽しいので次は一門会を拝聴したいと思っています。

 

今日のきものは:蛍の帯が締めたくて今日も明石縮に蛍模様の掬いの帯、写真を撮り忘れましたので、昨年撮った明石縮のきものと、蛍の帯を合体させて想像してみてくださいね。

1133-2020

 

 

 

 

 

« あ~恥ずかしい! | トップページ | さすがに今日は・・・諦めました »

和装」カテゴリの記事

芸術・芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あ~恥ずかしい! | トップページ | さすがに今日は・・・諦めました »