« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月16日 (木)

五か月振りのにぎわい座

2020-7-16

コロナ禍で落語会から遠ざかること5か月、買っても買ってもすべて中止、特ににぎわい座は横浜市が運営している施設のせいか、決断が早く、見事な中止っぷりと言いたいほどの潔さ。折角抽選で当選した志の輔の高座もあっという間に夢壊れでした。

落語も雲助さん久しぶりです。感染を防ぐために席は一つ置き、飲食はなし、ロビーの椅子もソーシャルディスタンス、少々寂しいといえば寂しい独演会でしたがその分ゆったりと落語を楽しむことができました。

名前の通りちょっとすごみのある声で苦手と言えば苦手だったのですが、若い女性の声には難があるもののその分男性の声には色気があることに気づきました。初めて聴いた”お初徳兵衛”二人のなれそめの場などは、徳兵衛にとても色気があり、魅力的。

ポスターには二席と書いてありますが、一席目に”粗忽長屋”を入れて、大山詣り、お初徳兵衛、と三席じっくり聞くことが出来ました。雲助師匠のところの一門会はとても芸達者がそろっていて楽しいので次は一門会を拝聴したいと思っています。

 

今日のきものは:蛍の帯が締めたくて今日も明石縮に蛍模様の掬いの帯、写真を撮り忘れましたので、昨年撮った明石縮のきものと、蛍の帯を合体させて想像してみてくださいね。

1133-2020

 

 

 

 

 

2020年7月11日 (土)

あ~恥ずかしい!

しばらくご家庭が大変でお会いしていなかった着物仲間の友人と労いを兼ねて横浜でお昼をいただくことになり出かけてきました。

ご存じのように九州や中部に被害をもたらした今年の梅雨、関東も連日の雨で湿度はめいっぱい、久しぶりに着物でお会いしましょうとなっていたので、雨でも湿気が多くても大丈夫な麻のきものを着ていくことにしました。

着物は八重山上布、帯は仕立て下ろしの蛍と露草模様の夏の掬いの帯です。

112 颯爽と出かけたのはいいのですが、バスに乗り最寄りの駅まであと少しというところで、見知らぬ老婦人にそっと声をかけられました。「お着物のお尻の部分が破れていますよ」「えっ!」びっくりです、悉皆に出してきれいに手入れをして初めて着た着物です。約束の時間に遅れるのは大嫌いな私ですが、お尻に穴をあけて一日過ごす勇気はありません。次の停留所でバスをおり、急いで急いで家に戻りました。途中歩きながら友人に遅れる旨を連絡。玄関を開けるとちょうど家にいた娘や孫もどうかしたのかとびっくり。誰も気づいていなかったようです。脱いでよく見ると破れているのではなく、背縫いがほどけていました。悉皆で糸が弱くなっていたのかもしれませんね。

Photo_20200713004501 したがって本日は着替えをしたのでこの着物ではなく、明石縮になりました。帯は同じです。

久しぶりに友人とお寿司を頂いてきました。

着物の件以外は楽しい一日でした。

 

 

 

2020年7月10日 (金)

クジャクサボテン 今年も華やかに

コロナコロナで大変な年ですが、花は変わりなく華やかに開花してくれました。

気候のせいでしょうか、ここ三年ほど花をつけているクジャクサボテンの開花日が微妙にずれます。今年は昨年より一週間ほど遅く、開花しました。多少のずれはあってもいつも通りに変わりなく咲いてくれるのはありがたいことで、”いつもどおり”が難しくなっている世の中ではほっとする出来事の一つです。

 

2020-6-11
619

一輪目開花は6月11日、ただ月下美人と同じくほぼ一夜花、朝開花したら翌日の朝にはしぼんでいます。

花の命は短い、美しいものほど短い。

とすると私は長命かな?

右は最後の一輪(6/21)明朝にはしぼんでしまうと思って夜慌てて撮影しました。

 

 

 

 

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »