« バッハコンクール予選とお誕生会 | トップページ | 今年のトリは文菊さん »

2019年12月16日 (月)

東京手描友禅作家 小倉貞右・隆 親子展へ

 

Teiyuten 「毎年初秋にあるのに、今年はないのかしら」と思っていたら、12月も半ばになっての開催。毎年貞右さんや息子さんの隆さんにお会いして楽しい着物談義を楽しんできたので、お誘いがないとさみしいなと思っていたところでの開催です。

会場に入るとぱっと上品さが漂ってくるのが小倉さんの作品。京友禅と違ってほとんどの工程を一人の作家が手掛けるのが東京手描友禅の特徴。故に作品に作家の個性がより反映され、作品そのものがその作家の人となりをより強く表現されるといえます。

貞右さんのきものは夏冬合わせて3枚、帯1本、隆さんの作品は帯1本、所有していますが、どの作品も纏ったとたん野暮な私を上品な世界に連れて行ってくれる優れものです。

息子さんの隆さんのほうは東京都からイタリアに研修に派遣されたのがきっかけで、洋服のアパレルメーカーから共同制作を依頼されたり(テレビのカンブリア宮殿で二週にわたり小池栄子さんが着用されました)スパークリングワインの瓶のデザインを所望されたりと着物以外でも活躍の場を広げられ、若手の有望株として活躍されています。

2時間ほどお二人と歓談し、楽しい夢の世界を体験することができました。

 

きょうのきものは:

2019-12-162019-12-16_20191219002101 

着物は母譲りの染紬の付け下げ、ベージュ地に墨で花を描いたもの、

帯はもちろん、小倉貞右作、大江戸の祭りと銘打った黒地の帯。この帯一本で地味目のきものもパッと華やかになります。

« バッハコンクール予選とお誕生会 | トップページ | 今年のトリは文菊さん »

催事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« バッハコンクール予選とお誕生会 | トップページ | 今年のトリは文菊さん »