« 恒例 矢代仁展へ | トップページ | オグリ 猿之助バージョン »

2019年11月 8日 (金)

最後の同窓会

今回が学年同窓会としては最後ということで、名古屋まで出かけてきました。

クラス会は毎年10月19日にあるのですが、ほかのクラスの人たちとお会いできるのは学年会のみ。6年間中学高校と通った学校ですから、ほかのクラスにも知り合いがかなりいます。大学から地元を出てしまった私としては高校卒業以来その方たちとは濃厚なかかわりはなく、お会いできるのは学年会のみ。その同級生たちの中にも鬼籍に移られたかたもあり、だんだん寂しくなっていたところでの最終回宣言。みな年を取り幹事の方々も重荷になってきたのだと思います。

わがクラス、三年E組はクラス会同様出席もよく、一つのテーブルには収まらない状況でした。ほかのクラスのテーブルの方々は名簿をみて記憶にある顔を探すのですが、どうしても昔の姿とダブル人が見当たらない始末。逆に言えば、私と思い出の中の私との記憶が一致しない人も多くいらっしゃったことでしょう。それほど年を取ってしまった、ということでしょうね。人生とはまことに儚く、時の流れは自分の意識より早く過ぎていくものなのだ、と実感いたしました。

ひとつの締めとして出席してよかったと思います。

毎年あるクラス会は都合のつく限り、元気で一人で遠出ができる限り、今後も出席しようと思っています。

「遠くからきてくださるから、幹事はいいですよ。来てくださるだけでうれしい」といってくださるクラスの皆さん、お言葉に甘えさせていただきます。ありがとうございます。

今日のきものは・

2019-11-8

きもの:紬の訪問着(山岸幸一作)紅想い(はなおもい)

帯:掬いの袋帯(まこと織物)

訪問着といっても織の紬なので、格はあまり高くありません。同窓会にはちょうど良い着物だと思います。

« 恒例 矢代仁展へ | トップページ | オグリ 猿之助バージョン »

和装」カテゴリの記事

催事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 恒例 矢代仁展へ | トップページ | オグリ 猿之助バージョン »