« 2019年10月 | トップページ

2019年11月

2019年11月15日 (金)

オグリ 猿之助バージョン

Photo_20191118085401 二か月も前から先行販売で座席をゲットし、楽しみにしていたスーパー歌舞伎Ⅱ、小栗判官は猿之助です。「ワンピース」のとき猿之助さんが事故で大けがをされ彼のルフィを観ることができず、またその後の復活が素晴らしいと聞いていたので、今回はぜひ彼の小栗判官が観てみたかったのです。

エンターテイメントしては素晴らしい演出で、鏡を使って劇場に奥行きを見せ、映像を駆使した演出はまPhoto_20191118110701さに新歌舞伎、古典歌舞伎を見慣れた私でも何の違和感もなく次々に出される驚くような演出にただただ、驚嘆して舞台を眺めていました。

いつものようにイヤホンガイドが必要かなと思って受付で尋ねたのですが、「とても分かりやすくできていますので、今回は必要ありません」という返事。なるほどなるほどテーマも筋も非常にわかりやすくできており、演出の見事さが伝わってくる作品でした。(右の写真は開演前の舞台の様子、背景に鏡が使ってあるので劇場がとても広く見えます)

最後のリストバンドを使っての”歓喜の舞”は大盛り上がり、日ごろの憂さを晴らすにはもってこいの楽しい観劇となりました。

そうそう”金坊”役で出演の市川右近ちゃん、本当にかわいらしい声でかわいらしい演技、ほっぺをぷにゅぷにゅしたくなるようなかわいさです!

 

今日のきものは:今日の気分はお祭り気分、ちょっと遊び心のある祭り模様の付け下げを着ていきました。友人二人もおしゃれな付け下げで。

2019-1115

きもの:東京手描友禅 江戸の祭り(小倉貞右作)

帯:波模様の白地袋帯

帯締め:片面亀甲(平田組紐)

2019年11月 8日 (金)

最後の同窓会

今回が学年同窓会としては最後ということで、名古屋まで出かけてきました。

クラス会は毎年10月19日にあるのですが、ほかのクラスの人たちとお会いできるのは学年会のみ。6年間中学高校と通った学校ですから、ほかのクラスにも知り合いがかなりいます。大学から地元を出てしまった私としては高校卒業以来その方たちとは濃厚なかかわりはなく、お会いできるのは学年会のみ。その同級生たちの中にも鬼籍に移られたかたもあり、だんだん寂しくなっていたところでの最終回宣言。みな年を取り幹事の方々も重荷になってきたのだと思います。

わがクラス、三年E組はクラス会同様出席もよく、一つのテーブルには収まらない状況でした。ほかのクラスのテーブルの方々は名簿をみて記憶にある顔を探すのですが、どうしても昔の姿とダブル人が見当たらない始末。逆に言えば、私と思い出の中の私との記憶が一致しない人も多くいらっしゃったことでしょう。それほど年を取ってしまった、ということでしょうね。人生とはまことに儚く、時の流れは自分の意識より早く過ぎていくものなのだ、と実感いたしました。

ひとつの締めとして出席してよかったと思います。

毎年あるクラス会は都合のつく限り、元気で一人で遠出ができる限り、今後も出席しようと思っています。

「遠くからきてくださるから、幹事はいいですよ。来てくださるだけでうれしい」といってくださるクラスの皆さん、お言葉に甘えさせていただきます。ありがとうございます。

今日のきものは・

2019-11-8

きもの:紬の訪問着(山岸幸一作)紅想い(はなおもい)

帯:掬いの袋帯(まこと織物)

訪問着といっても織の紬なので、格はあまり高くありません。同窓会にはちょうど良い着物だと思います。

2019年11月 1日 (金)

恒例 矢代仁展へ

2019-11-1_20191104234901

私の大好きな着物メーカーの京都 矢代仁さん、上品会の同人でもある老舗です。今年は東京の明石町にある、料亭「治作」での開催です。

一概に着物といっても洋服と同じく、メーカーさんによって趣が違います。矢代仁さんは母の代からの我が家のごひいきで、特に御召は他の追従を許さないと私は思っています。

といっても老境にさしかかっている(入っている?)私や友人たちはそうそうは毎年買うほどの余裕はありません、が、拝見するだけで目の保養になり、この次はこんなものをと想像するだけでも勉強になります。

会場である料亭「治作」は水炊きで有名だそうで、回廊造りになっている建物の中心には池があり、大きな錦鯉がたくさん泳いでいました。

料亭の方々もとても感じがよく、気持ちよく着ものや帯を拝見し、楽しむことができました。Photo_20191105000201

お料理も大変美味しかったですよ。ごちそうさまでした。

右の写真は食堂から見た池、鯉がいるのがわかりますか?

 

 

今日のきものは:矢代仁展なので、矢代仁さんの作品を着ていきました。

1

疋田模様の御召に絵緯で小花模様を織り込んだかなり技術的にも高度な御召。・

糸も細く、しなやかな着こごちです。

帯:染帯としては格の高い羽田登喜夫さんの菊に鴛を合わせてみました。

 

« 2019年10月 | トップページ