« 薄物卒業 | トップページ | やっぱり単衣 »

2019年9月18日 (水)

吉右衛門不在の秀山祭でしたが・・

2019-9   大阪の友人が吉右衛門ファンでどうしても一度観たいということで、今年の秀山祭のチケットを取りました。18日の夜の部、席もなかなかよく、七列目の中央近く、演目は寺子屋、幸四郎の勧進帳、松浦の太鼓、寺子屋で吉右衛門の松王丸が観られると張り切っていた友人、東京について初めて16日から高熱のため休演だと知り大いにがっかり・・

それでも芸達者がそろう秀山祭、松王丸は松緑が代役で演じて、吉右衛門のようにはいきませんがなかなかの熱演、義理と親の心情のはざまでゆれる難しい役どころをしっかりと演じていました。突然の代役でさぞ大変だったことでしょう、なんでも松王丸は二度目とのことですが、一度の経験で急な代役をこれだけこなせるとはたいしたものです。このような経験を経て役者は成長していくのでしょうね。

そして、勧進帳が素晴らしくよかった!幸四郎も昼の部の沼津で吉右衛門の代役を務め(これは初役だそうです)、膨大なセリフを一夜にして覚え演じきったのはすごいことです。そして夜の部では義経を思う心情と弁慶の人間の大きさを見事に演じ、最後には幸四郎弁慶そのものが大きく見えた秀逸な舞台になりました。思うことは同じ、隣の席の友人も「幸四郎が大きく見えた、役者が大きく見えるときは出来が良かったということよね」と感激していました。「吉右衛門は観られなかったけれど、こんな素晴らしい弁慶を観られたから今回は満足」と大阪に帰っていきました。

 

今日のきものは:ここしばらく体調がはかばかしくなく、着物を着るにも身が入りません、といって怠けていてはどんどん老いるばかり、ということで、単衣の付け下げ、昨年白すぎて着られなかったものを染め変えたものです。今度は少し地味になったかな、というところ。

2019918 コーディネイトがもうひとつしっくりこなくて来年着るときは練り直しです。

着物:波模様の付け下げ 

帯:九月も半ばすぎたので、つづれの帯で、(つづれの帯 ベルリンの花 石川つづれ)

 

« 薄物卒業 | トップページ | やっぱり単衣 »

和装」カテゴリの記事

芸術・芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 薄物卒業 | トップページ | やっぱり単衣 »