« 爽やかな落語健在! | トップページ | 熱中症? »

2019年8月17日 (土)

熱気ムンムン


2019-8-17台風が暑さも持って行ってくれるというのはどうやら甘い考えで、お天気は良くなりましたが、暑さだけが残った残暑ありありの夕、7月に続いての談春独演会に出かけてきました。昨夏あたりから夏の健康に頓に自信がなくなった私ですが、「えい、やっ!」と着物に着替え、にぎわい座に向かいました。なんだか出陣に似た悲壮感さえ感じられる酷暑の外出です。

今日は昼夜二回公演だったようで、五時過ぎについたころが昼の部の退け時。2階のロビーで待っていると、階段を下りてくるお客様の姿が見えるのですが、皆さん満足気ですっかり外の暑さも忘れた様子。

師匠によるとなんでも喉の調子が変で、痛くはないのだが、声をだしていると喉がもそもそするのとか、家でもそんな症状を訴える人がいましたから、やはり夏風邪の一種ではないでしょうか。そんな中、昼の部、夜の部合わせて5時間もしゃべりっぱなしの落語家という職業も大変なお仕事で、さぞ今夜はお疲れでしょうとお気の毒になります。

さて演目は

1.三軒長屋 2.藪入りのニ題 三軒長屋は中入り後にもつながる長講。この噺で上下に分かれるほどの長講は聴いたことがなく、びっくり、藪入りはその分短く、それでも噺の肝はきっちりと入った聴きごたえのあるものになっていました。さすがに実力者です。辛口の枕は今回も健在。

 

 

今日のきものは:ムンムンする暑い日だったので、なるべく見た目が涼しそうな物ををいうことで、今夏二度目の明石縮

2019-8-17_20190818122401 きもの:明石縮   帯:櫛織名古屋帯 櫛織は本来は単衣のものらしいのですが、ここまで薄く透けているなら真夏も大丈夫だと勝手に決めてこの着物の定番コーディネイトにしています(母のお下がり 帯屋捨松)

 

 

 

 

« 爽やかな落語健在! | トップページ | 熱中症? »

和装」カテゴリの記事

芸術・芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 爽やかな落語健在! | トップページ | 熱中症? »