« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月17日 (土)

熱気ムンムン


2019-8-17台風が暑さも持って行ってくれるというのはどうやら甘い考えで、お天気は良くなりましたが、暑さだけが残った残暑ありありの夕、7月に続いての談春独演会に出かけてきました。昨夏あたりから夏の健康に頓に自信がなくなった私ですが、「えい、やっ!」と着物に着替え、にぎわい座に向かいました。なんだか出陣に似た悲壮感さえ感じられる酷暑の外出です。

今日は昼夜二回公演だったようで、五時過ぎについたころが昼の部の退け時。2階のロビーで待っていると、階段を下りてくるお客様の姿が見えるのですが、皆さん満足気ですっかり外の暑さも忘れた様子。

師匠によるとなんでも喉の調子が変で、痛くはないのだが、声をだしていると喉がもそもそするのとか、家でもそんな症状を訴える人がいましたから、やはり夏風邪の一種ではないでしょうか。そんな中、昼の部、夜の部合わせて5時間もしゃべりっぱなしの落語家という職業も大変なお仕事で、さぞ今夜はお疲れでしょうとお気の毒になります。

さて演目は

1.三軒長屋 2.藪入りのニ題 三軒長屋は中入り後にもつながる長講。この噺で上下に分かれるほどの長講は聴いたことがなく、びっくり、藪入りはその分短く、それでも噺の肝はきっちりと入った聴きごたえのあるものになっていました。さすがに実力者です。辛口の枕は今回も健在。

 

 

今日のきものは:ムンムンする暑い日だったので、なるべく見た目が涼しそうな物ををいうことで、今夏二度目の明石縮

2019-8-17_20190818122401 きもの:明石縮   帯:櫛織名古屋帯 櫛織は本来は単衣のものらしいのですが、ここまで薄く透けているなら真夏も大丈夫だと勝手に決めてこの着物の定番コーディネイトにしています(母のお下がり 帯屋捨松)

 

 

 

 

2019年8月15日 (木)

爽やかな落語健在!

2019-8-15会場中に力強い拍手が本日の落語同様心地よく鳴り響きました。本日の大ネタ、”御神酒徳利”のサゲが語られ、師匠が深々と頭を下げたその時のことです。

毎年8月15日終戦の日に行われる柳亭市馬師匠の残暑見舞い公演、台風10号の影響で不安定なお天気にもかかわらず、完売の会場はほとんど空席が見当たらない盛況でした。

演目は七段目御神酒徳利の二題、七段目は私の大好きな演目で、歌舞伎好きの道楽若旦那と小僧定吉の歌舞伎振りで笑わせる滑稽ものですが、この歌舞伎振りが市馬師匠は抜群のうまさ、何度も聴いた話ですが、今回も最後まで抱腹絶倒でした。前座ではちょっと居眠りした私ですが、師匠の噺では寝ている暇などありません。

そして本日の本命、御神酒徳利、これは以前神奈川の段まで市馬師匠で聴いたことがありますが、大坂まで行く通しは初めてです。とても長い噺なのですが、最後までぐいぐいと引っ張っていく力量はさすがで、冒頭の拍手につながるのです。

台風の影響で帰りはちょっと雨に遭いましたが、なんのなんのこんな楽しいひと時を送れるのなら雨にあうなどたいしたことではありません。夏バテの体に元気をくれた独演会でした。

 

今日のきものは:

2019-8-15_20190817093101

5年ぶりに箪笥から出てきた母譲りの宮古上布、黒に近い紺なので、かなり地味。さすがに五年の歳月はわたしとの相性をよくしてくれたようで、なかなか似合うよと孫が褒めてくれました。少々箪笥のにおいが染みついていたので、一週間ほど干す羽目になりました。

着物:宮古上布(母のおさがり)

帯:羅織の名古屋帯 真夏にぴったりの涼しい装いです。2019-8-15_20190817093501

 

 

 

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »