« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月29日 (月)

35年ぶりのコンサート

2019-7-29-2

長男から「小学校の恩師k先生から7月29日に35年ぶりのコンサ―トをやるから、とお誘いがあったけれどメンバーの三人ともうちに縁がある先生だから行く?」と誘われ娘と二人最寄りの駅近くにあるライブハウスまで出かけてきました。

長男の二年生の時の担任は今は故郷大分県日田市在住、あとのお二人は長女の一年生の担任、次男が二年生の時の担任です。三人ともとても研究熱心で子供好きな方々で学校でも人気のあった先生方でした。

当時新卒ピカピカだった方たちも今はもう六十代、校長職を務められたり、横浜市算数教育研究会の会長職を務められたり、体育で活躍されたりとそれぞれが立派に教職を務められた方たちばかりです。

私は今回が初めてですが、三人がS吉小学校在職中の若き頃には三度近くの会館でコンサートを開催されたことがあり、その最後のコンサートから数えて35年目の復活コンサートということです。

会場には当時の卒業生や父母が集まり30年以上前に戻った懐かしい時間を共有できました。

それにしても先生方すごいですね、40年近く前の生徒の名前と顔をしっかり覚えていらして、お声をかけたとたん、「アッ、Mちゃん!」とか、「おっ、I君のおかあさん!」とか、覚えていてくださるということはとてもうれしいことですね。

また元気なうちにこんな機会があるといいなと思っています。

 

Photo_20190731114101

昨年H先生が出版された「和算とクイズ」という本を卒業生全員にプレゼントしていただきました。算数苦手な私ですが頑張って読んでみようと思っています。

ありがとうございました。

2019年7月13日 (土)

お元気そうでなによりー権太楼独演会

 2019-7-13  権太楼師匠に会うのはずいぶん久しぶりのような気がして調べてみましたら、昨年の12月以来でした、相変わらずお元気で安心しました。なにせ年を重ねるごとに周りで病む人が多くなり、半年もあわないと次にあったとき杖を持っていたということも少なくなく、変わらない姿を見ると安心するようになったのです。複数の病気をお持ちの師匠が元気でいてくださることは私には本当にはげみになっています。

さて、相変わらずの盛況の独演会、本日の演目は.

1.青菜  2.ねずみ穴 の2題。

「人間というものは本当に勝手なもので、暑ければ暑いと文句を言い、今年のように気温が低くて雨が多ければ、夏らしくない、と文句を垂れる、青菜はこんな涼しいときにやる演目ではないけれど」で始まった青菜でしたが、これが実に面白い、抱腹絶倒のおもしろさ。会場中が沸きに沸いて十分に空気が熱くなりました。

2.そして本日の本命〝ねずみ穴”は以前一度聴いたことがありますが、だいぶそのときより色付けされており、話に深みが出ていたような気がします。熱演中の熱演、終わった時の力のこもった拍手を聴いても皆が大満足したということがわかります。やはり権太楼師匠はすごいです。師匠、あとでお疲れがでませんように!

 

本日のきものは:曇り空の夏とは思えない日でしたが、きものは季節柄薄物ということになりますね。その代わりいつもの年は暑くて締められない絽の染帯が先週のめだか模様の染帯に引き続き7月に初めて締められました。したがって初コーディネイトです。

Photo_20190714155301

きもの:明石縮 とても軽く涼しい着物です

帯:茶紫地の花火模様の染帯 隅田の花火だそうです

 

 

 

                        

                                                     

 

2019年7月 5日 (金)

抽選、2公演とも当たっちゃったので・・

どうせ当たらないだろうと気楽な気持ちで応募したら、当たっちゃいました、それも7月、8月の2公演とも・・立川談春の独演会です。

にぎわい座ではあまりの人気で発売時混雑するのを避けるため人気落語家である談春師匠の独演会はすべて抽選になりました。(プレイガイドでも売り出すようですが)

チケット売り場のお姉さまから「籤運いいんですねえ!あやかりたい」とうらやましがられました。席も二回とも一番前のあ列。

なんのコネもありません、正真正銘のくじ引きです。というわけで昨年夏以来の談春独演会にいってまいりました。(昨夏もあたったんですよ~)

今年は今月から12月まで毎月あるようですが、くじに当選しないといけませんから、9月以降の予定は立てられません。

 一番前だったので、師匠のお顔もよく見えます。テレビで拝見するのと変わりませんね、印象的だったのは着物が小千谷縮だったこと、

着物好きにはたまらない夏の麻のきものです。落語は着物が定番ですが、夏でも柔らか物の絽がほとんどで、こういったしゃれものはあまり見かけません。さすが露出の多い談春師匠、着るものもあか抜けています。

 夏を意識してか今回はおばけや怪談物で噺を統一。

 1.ろくろ首 2.お化け長屋 3.豊志賀の死 1.2、の滑稽もので笑わせ、中入り後はたっぷりと怖~い怨念漂う怪談物。九時半まで延長の熱演でした。江戸落語というより現代感覚あふれる話しぶり、立川流ですね。8月はどんな噺を聴けるのか楽しみです。

 

今日のきものは:会場を見渡したところ、着物姿はいないようで・・今年は特ににぎわい座でも着物をみかけることが少ないようです。

 

2019-7-5

昨年は一度も着なかった母譲りの琉球絣、年を重ねたらよく似合うようになりました。

比較的温度が低かったので、いつもの年ならば6月しか締めない変わり絽の染帯で。

初めてのコーディネイトです。

着物:琉球絣 帯:めだか模様の絽の染帯 帯締め:蘭菊(平田組紐)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »