« 初夏の花 | トップページ | 第37回 すずよ会 »

2019年6月15日 (土)

文菊さん

2019-6-12   江戸の粋さをもった文菊師匠の落語に惚れてここのところにぎわい座来館の度に聴きに行っています。

 6月に入りすっかり梅雨模様、お出かけを躊躇するような日が続いていますが、今日(12日)は頑張って着物で出かけてきました。雨が降らぬうちにと早めに家を出、じゃあじゃあぶりかと思った終演後もなんとか雨に合わずに行ってこられました。落語の神様が守ってくださったのかもしれませんね。

ロビーで椅子に腰かけて開演を待っているとき、「寄席にいらしたんですか」とプロのカメラマンに声を掛けられました。感じの良い男性と助手らしき女性、なんでも文菊師匠の写真を撮っているとかで、今度表参道で展覧会を開くので、ぜひどうぞとのこと。おしゃべりな私はついつい師匠の魅力を熱っぽく語ってしまいました。

そういえばいつも以上に師匠のきものが決まっていました。頭の剃り具合もあおあお・・・ちょっとは写真の写り具合を意識しての装いだったのかな・・

演目は「質屋蔵」と「淀五郎」、好きな演目ばかりだったので、本日も楽しく拝聴させていただきました。秋の独演会も楽しみです。

 

今日のきものは:

 

2019-6-12_3 2019-6-15_1 

今季初の単衣のきもの、雨が降るといけないので御召は避けて夏紬で、粋な落語に合わせて帯は私にしては粋な博多織で。

きもの:夏紬 おそらく塩沢、母のお下がりです

帯:手織り博多帯(井上久人作)

 

15日にも雨にもかかわらず横浜まで野暮用でお出かけ、この着物に帯だけ変えて。 紙布のおびです。やはり母のお下がり。

« 初夏の花 | トップページ | 第37回 すずよ会 »

和装」カテゴリの記事

芸術・芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 初夏の花 | トップページ | 第37回 すずよ会 »