« 伊豆古奈温泉旅行 | トップページ | まこと織物展 »

2019年4月11日 (木)

さん喬独演会 at にぎわい座

D6697bf3d1c9071ec4211b2306102394_1自分が納得のいくまできっちりと噺す、というのがさん喬師匠のやり方、というわけでいつの間にか師匠の独演会の時は遅くなるのを覚悟で行くようになりました。おそらく聴きに来ている方々はみなその覚悟で来ているのだと思います。今までの経験では10時半過ぎても席を立つ人はいない、最後までじっくりと聴いて帰る、そういう独演会です。

演目は 1.お菊の皿 2.応挙の幽霊 3.牡丹燈記

師匠曰く、「夏以外の季節でも幽霊が出ないわけではないからいいでしょう」と。

この中では「牡丹燈記」が師匠の十八番。「牡丹灯籠」の名で有名な階段ものの原典版。中国のお話です。

以前一度聴いたことがあるのですが、より進化して怪しく美しく演じられていました。真夏に聴くとより迫力が増しすごみが感じられるかもしれません。

本日は9時半終了、師匠にしてはお早い店じまいでした。

 

Photo_16

今日のきものは:なんと60年物の母から譲られた十日町紬(?)クエスチョンマークがつくのは確定診断ではないからです。

その道の専門の方々に伺ったのですが、ただしっかりした織の良い着物ということが分かっただけでした。おそらく十日町ではないか、というだけです。母からは白山紬と聞いていたのですが、今は白山は白地だけですので、どなたも否定、しかし60年前ならこんな紬もおられていたのではないかと私は思っています。張りのある、しわのよりにくい、お手入れが楽な着物です。

帯:おそらく初めてのコーディネイトです。陶絵模様の掬いの帯(まこと織物)

帯締めは綾竹組で。

 

« 伊豆古奈温泉旅行 | トップページ | まこと織物展 »

和装」カテゴリの記事

芸術・芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊豆古奈温泉旅行 | トップページ | まこと織物展 »