« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月13日 (日)

平田竹峯さん

一年ぶりに平田組紐の平田竹峯さんが高島屋の呉服部に実演にいらっしゃるというので、着物仲間の一人と出かけてきました。体調不良が続いたとのことで少し顔がほっそりしていらっしゃる以外はお変わりなく、一年分の明るいトークを楽しむことができました。

桐の花の付け下げと松葉青海模様の袋帯に合うしっかりと締まる帯締めがほしかったので、色々物色、結局貝ノ口亀甲の少し濃いめの色を選びました。貝ノ口はお値段が少々張るのですが、それだけのことはあり、袋帯がしっかり締まり、重宝な帯締めです。

Photo_6Photo_5

今日の着物は:桐の花模様の付下げに松葉青海模様の袋帯です

帯締めが少し帯に対して弱いので、今回しっかりと締まる貝の口亀甲をお願いしてきました。

2019年1月10日 (木)

初落語は市馬さん

2019_1_10今回は色ものはなく、前座を含めて落語5席、二つ目の市楽さんの何とも現代的な落語を聴いてから市馬さんの落語を聴くと、奇をてらわない流れるような上品な噺ぶりが引き立ちます(市楽さんを否定しているわけではありませんよ)

「かつぎや」、「普段の袴」、「宿屋の富」とも強烈なインパクトのある話振りではありませんが、落ちついた「江戸落語」を聴いているぞ、という感覚になる品の良い笑いをもたらす落語でした。

私は毎年お正月とお盆の季節の二回市馬落語を聴きに来ます。

ほっとやすらぐひと時を疲れた体に届けてくれるそんな落語だからです。

一時、落語協会の会長職になられた直後は多忙のためかかなりお疲れの様子で身体、大丈夫かな、と心配した時期もありましたが、すっかり元気になられ貫禄すらついてきたような気がします。

今年も爽やかな江戸落語を届けてほしいと思っています。

今日の着物は:本格的な冬の到来で冷たさを感じる日でしたので、紬の中でも暖かさの優等生、結城紬を着て行きました。そんなに生地が厚いわけでもないのにとても暖かい、さすが結城です。

10

着物:結城紬(稲葉賀恵デザイン、奥順)

帯:日月紋袋帯(千切屋)

2019年1月 8日 (火)

今年の着衣始は

早々に着物仲間の一人からリクエストがあり、高島屋に出かけてきました。

彼女の注文した帯にちょっとしたトラブルがあり、その説明を問屋さんがしたいとのことでしたが、綺麗に仕立て直されていて無事問題も解決、やれやれでした。

この日は今年初めて着物を着る私にとってはいわゆる着衣始(きそはじめ)、なじみの店員さん達にお正月のご挨拶をということで、ちょっと改まった着物で出かけました。友人はブルー系地の無地、私は梅ねず色の無地です。ちゃんとした着物を纏うと気分も引き締まりますね。

2019_1_8_002今日のきものは:

梅ねず色の新小石丸地の色無地に青海松葉模様の袋帯、

初めてのコーディネイトです

続きを読む "今年の着衣始は" »

2019年1月 4日 (金)

新年おめでとうございます!

例年は除夜の鐘や気笛の音を聴きながら新年のご挨拶を書くのが恒例なのですが、年々仕事の速度が遅くなり、おまけに疲れやすくなり寝てしまい随分遅れての御挨拶となりました。

昨年は乳がんを患って10年目、なんとか再発を見ることなく無事11月末に”とりあえずの卒業”を医師から言い渡されました。とりあえずと言うのは乳がんは10年過ぎてもわずかですが再発の例もあるからです。が、「治ったと思ってくださっていいですよ」と言う医師の言葉を信じてこれからの人生を明るく生きて行きたいと思っています。癌サバイバーとして同病の皆さまに少しでも明るい希望を与えることができたらと思っています。

が、病気とは別になんといっても年齢には勝てず、毎年毎年体力が落ちて行くのははっきり分かります。昨夏の極暑で落ちた体重は今もって取り戻すことができません。若いころと違って痩せることが美へ繋がる年代ではなくなりました。健康第一です。

毎年同じようなことを繰り返して書くばかりのブログですが、私にとっては大切な日記代わり、思い出のメモ代わりとなっています。

今年もどうぞよろしくお付き合いください。

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »