« クラス会にかこつけて | トップページ | 小倉貞右・隆 親子展と送別会 »

2018年10月21日 (日)

熱田神宮とひつまぶし そして徳川美術館

2018_10_19_00120日は了山を11時に出発、名古屋へ戻りました。宿泊予定の名鉄グランドホテルに荷物を預け、熱田神宮へ。中学から6年間も名古屋に通ったのですが、熱田神宮へ行くのは初めて。遠距離通学だったので、正直通うのに精いっぱい、のんびり休日に出歩く余裕はありませんでした。当時は今ほど交通が便利ではなく、毎日の通学も一時間に一本の汽車(なんと蒸気機関車でした!)、よく頑張ったと思います。

熱田神宮をお参りして、その後は同級生が大女将だと聞いていた”ひつまぶし”発祥のお店という「あつた蓬莱軒」へ。午後の部は4時半からということで一時間近く並んで待ってのごちそうです。噂には聞いていたのですが、開店の4時半近くになると門の前にずらりとお客様が並びます。すごいですね。

おひつにぎっしりと詰まった細かく刻んだうなぎとごはん、たっぷり4膳分はあるので、とても食べ切れませんでした。残りはパックに詰めていただいてホテルまで持って帰りました。

楽しい一日になりました。

20日のきものは:

Photo連続して同じ着物を着るのは着物を傷めるので、この日は着なれた紅花紬と南風原花織の名古屋帯で。

が、丁度よい気温と思ったのですが、少々暑かったですね。

やはり北国の紬は暖かいです。

最終日の21日、ホテルはシングルの一人部屋でみなさんよく眠れたようで元気に出発、

バス・地下鉄一日乗車券を買ってバスで徳川美術館へ。ちかごろ名古屋も観光ブームでバスは満員、立っている人も大勢います。ぐるりと市内の観光スポットを巡るのですが、名古屋城と徳川園で降りる人が多いようです。

徳川園では少し足が悪い友人がいるので、お庭などはパスして美術館へ。中学生の頃きたことがあるはずですが、まったく記憶がなく初めて訪れた感覚でした。

2泊3日の旅は大充実!夕方新幹線に乗ったころはもうエネルギーゼロ・・

21日の着物は:紅花紬では暑いのでまた大島紬に戻しました、帯だけは母から譲られた葡萄模様の紬の帯にかえ、変化を持たせました。

7

« クラス会にかこつけて | トップページ | 小倉貞右・隆 親子展と送別会 »

旅行・地域」カテゴリの記事

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱田神宮とひつまぶし そして徳川美術館:

« クラス会にかこつけて | トップページ | 小倉貞右・隆 親子展と送別会 »