« 小倉貞右・隆 親子展と送別会 | トップページ | とらふぐ亭 »

2018年10月29日 (月)

京都 矢代仁展

2018_10_26_002

2018_10_26_001

年に一度の矢代仁展、今秋は珍しく台町の料亭”滝川”で、

滝川と言うと特選呉服謝恩販売会が多いので、ついつい錯覚してしまうほど。

やはり大きな会場より料亭での開催は落ち着きが合ってよいと思います。

今年は手織りお召の復刻版ということで珍しい手織りの御召を解説付きで拝見したのですが、やはりお値段は手がかかると言うことで半端ない!見るだけの目の保養となりました。

今回は単衣の波模様の付下げが余りに薄色で秋口には着られないと言うことで染変えをお願いしておいたので、その色決めと以前から欲しいと思っていた輪奈ビロードのコートをお願いしました。輪奈ビロードのコートは一枚持っているのですが、なにせ作ったのが2001年、臙脂色のコートでは死ぬまではむりだろう、ということで少し地味目の素敵なグレー紫に染めていただくようお願いしました。付下げ、コートとも染め上がりが楽しみです、

帯はいつもコラボする岩田の帯、

京都から今回はまこと織物のHさんがいらっしゃると事前に伺っていたので、それではと、帯は牡丹と蝶の花札がらの掬いの帯を締めて行きました、

余談ですが、Hさんは年を経るごとに素敵な中年になっていらしているようで、やはり美的感覚の鋭い方は違うなあと感心しています。

みなさんと沢山お話しして楽しい半日を過ごすことができました。こういった目の保養が着物を見る目を養ってくれるのだと思います。

きょうのきものは:

Photo_4近頃は季節を問わず白大島を着ている方が多いので、私も同調することにしました。沢山着てあげないと勿体ない着物です。

猪鹿蝶シリーズ帯は牡丹と蝶でも秋も締めます。前帯が花札なので・・

帯締めで秋色を添えて・・

帯:牡丹と蝶柄の掬いの帯(帯の岩田  まこと織物)

« 小倉貞右・隆 親子展と送別会 | トップページ | とらふぐ亭 »

和装」カテゴリの記事

催事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都 矢代仁展:

« 小倉貞右・隆 親子展と送別会 | トップページ | とらふぐ亭 »