« ウェルナー・ヒンク ヴァイオリンリサイタルat紀尾井ホール | トップページ | 悉皆雑感 »

2018年9月 7日 (金)

年に一度のお楽しみー米團冶独演会

201897上方落語は少々灰汁の強い面もありますが、米團冶さんの落語は私には丁度良い笑い、

年に一度の上方の笑いを楽しんできました。

丁度北海道の地震で騒いでいるさなか、「前日まで関空の被害でマスコミが騒いでいたのが北海道の地震が起きた途端大阪方面の話は影が薄く・・でもまだ大阪も大変なんです。まん我の家なんか壁が倒れてきて大変だったらしいし、ライフラインだって完全ではないし・・」といった枕での話ですが、そういえば大阪も大変なんだ、とすぐに新しいことが起こると忘れる悪い癖のある人間である私は反省です。

そういう世の中の憂さを忘れて楽しむのが落語、いつも江戸落語では味わえない上方独特の雰囲気と噺をじっくりと楽しめた二時間でした。

毎年演目に‘米朝作‘が入るのもお楽しみのひとつ。今年は軽く「まめだ」でした。「まめだ」とは子狸の事、奇抜だけれど少しほろっとするなかなかの佳作でした。

メインは「愛宕山」、情景がありありと浮かぶ秀作でしたよ。

今日の着物は:まだまだ湿気も多く暑さの残る日でしたが、思い切って単衣で。いくら暑いと言っても9月、そろそろ秋の匂いをさせたくて・・

Photoきもの:母譲りの夏紬、おそらく塩沢です。

帯:越後紙布 藍染めの名古屋帯 これも母から

帯締めをこっくりした色の鳶色にして少し秋を感じるように・・

帯締め(冠 鳶色)

でも長襦袢は絽、半襟、帯揚げも絽、足袋に至っては麻!

あはは、まあいいか・・

« ウェルナー・ヒンク ヴァイオリンリサイタルat紀尾井ホール | トップページ | 悉皆雑感 »

和装」カテゴリの記事

芸術・芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/74185596

この記事へのトラックバック一覧です: 年に一度のお楽しみー米團冶独演会:

« ウェルナー・ヒンク ヴァイオリンリサイタルat紀尾井ホール | トップページ | 悉皆雑感 »