« 年に一度のお楽しみー米團冶独演会 | トップページ | また悉皆が増えました! »

2018年9月16日 (日)

悉皆雑感

いくら暑い暑いといってもさすがに夏も終わり、今夏着用した薄物を悉皆に出さなくてはなりません。悉皆とはことごとく総てと言う意味で、着物の世界ではお手入れのすべてを指します。いわゆるドライクリーニングの生洗い、汗抜き、シミ抜き、ほつれ直し、仕立て直しなどなど洋装の世界よりもメニューは多いかもしれません。

問題はお値段!毎年この季節になると頭が痛いのがこのお手入れにかかる費用です。初心者のころ楽しくてあるだけの薄物を夏の間に着用したらお手入れに出すときになってびっくり!生洗い、汗抜き、滲み抜きの三点セットで完璧にお手入れしたら半端ないお値段になります。

夏物で一番怖いのは汗、白の能登上布を一度きりしか着ていないからと翌年までそのままにしておいたら、なんと黄色い斑点があちこちに出来て、この黄色は悉皆では取れませんから、もう二度と着られなくなってしまいました。そんな経験から夏物はとくに薄色のものは1度着用しただけでもお手入れ行きです。

今年はけちけち着用して八重山上布を一度、夏塩沢を2度着たきり、八重山はさっと生洗いで、夏塩沢は汗取りだけ、と節約悉皆をお願いしました。何年に一度しか着物を着用しない方とは違って日常的に着物を着るものにとっては悉皆のお値段の高さが実はかなりの負担になっています。着る方の少ない着物の世界、需要と供給のバランスからお値段が高くなるのはよ~くわかってはいるのですが・・

今日の着物は:本格的に単衣ものです、いつもの上代御召ですが秋らしく帯をワイン地の掬いの帯で、まだ暑いので長襦袢はピンク系の絽を着ていますが、袖がたらっとでていて見苦しいですね。これは何とかしなくては・・

Photo_2

きもの:上代縞御召(矢代仁) 帯:ワイン地の掬い名古屋帯(帯の岩田 まこと織物)

帯締め:葵組(平田組紐)

« 年に一度のお楽しみー米團冶独演会 | トップページ | また悉皆が増えました! »

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悉皆雑感:

« 年に一度のお楽しみー米團冶独演会 | トップページ | また悉皆が増えました! »