« 2018年8月 | トップページ

2018年9月

2018年9月16日 (日)

悉皆雑感

いくら暑い暑いといってもさすがに夏も終わり、今夏着用した薄物を悉皆に出さなくてはなりません。悉皆とはことごとく総てと言う意味で、着物の世界ではお手入れのすべてを指します。いわゆるドライクリーニングの生洗い、汗抜き、シミ抜き、ほつれ直し、仕立て直しなどなど洋装の世界よりもメニューは多いかもしれません。

問題はお値段!毎年この季節になると頭が痛いのがこのお手入れにかかる費用です。初心者のころ楽しくてあるだけの薄物を夏の間に着用したらお手入れに出すときになってびっくり!生洗い、汗抜き、滲み抜きの三点セットで完璧にお手入れしたら半端ないお値段になります。

夏物で一番怖いのは汗、白の能登上布を一度きりしか着ていないからと翌年までそのままにしておいたら、なんと黄色い斑点があちこちに出来て、この黄色は悉皆では取れませんから、もう二度と着られなくなってしまいました。そんな経験から夏物はとくに薄色のものは1度着用しただけでもお手入れ行きです。

今年はけちけち着用して八重山上布を一度、夏塩沢を2度着たきり、八重山はさっと生洗いで、夏塩沢は汗取りだけ、と節約悉皆をお願いしました。何年に一度しか着物を着用しない方とは違って日常的に着物を着るものにとっては悉皆のお値段の高さが実はかなりの負担になっています。着る方の少ない着物の世界、需要と供給のバランスからお値段が高くなるのはよ~くわかってはいるのですが・・

今日の着物は:本格的に単衣ものです、いつもの上代御召ですが秋らしく帯をワイン地の掬いの帯で、まだ暑いので長襦袢はピンク系の絽を着ていますが、袖がたらっとでていて見苦しいですね。これは何とかしなくては・・

Photo_2

きもの:上代縞御召(矢代仁) 帯:ワイン地の掬い名古屋帯(帯の岩田 まこと織物)

帯締め:葵組(平田組紐)

2018年9月 7日 (金)

年に一度のお楽しみー米團冶独演会

201897上方落語は少々灰汁の強い面もありますが、米團冶さんの落語は私には丁度良い笑い、

年に一度の上方の笑いを楽しんできました。

丁度北海道の地震で騒いでいるさなか、「前日まで関空の被害でマスコミが騒いでいたのが北海道の地震が起きた途端大阪方面の話は影が薄く・・でもまだ大阪も大変なんです。まん我の家なんか壁が倒れてきて大変だったらしいし、ライフラインだって完全ではないし・・」といった枕での話ですが、そういえば大阪も大変なんだ、とすぐに新しいことが起こると忘れる悪い癖のある人間である私は反省です。

そういう世の中の憂さを忘れて楽しむのが落語、いつも江戸落語では味わえない上方独特の雰囲気と噺をじっくりと楽しめた二時間でした。

毎年演目に‘米朝作‘が入るのもお楽しみのひとつ。今年は軽く「まめだ」でした。「まめだ」とは子狸の事、奇抜だけれど少しほろっとするなかなかの佳作でした。

メインは「愛宕山」、情景がありありと浮かぶ秀作でしたよ。

今日の着物は:まだまだ湿気も多く暑さの残る日でしたが、思い切って単衣で。いくら暑いと言っても9月、そろそろ秋の匂いをさせたくて・・

Photoきもの:母譲りの夏紬、おそらく塩沢です。

帯:越後紙布 藍染めの名古屋帯 これも母から

帯締めをこっくりした色の鳶色にして少し秋を感じるように・・

帯締め(冠 鳶色)

でも長襦袢は絽、半襟、帯揚げも絽、足袋に至っては麻!

あはは、まあいいか・・

2018年9月 3日 (月)

ウェルナー・ヒンク ヴァイオリンリサイタルat紀尾井ホール

2018_9_3_001台風がもうじきやってくる、じめじめした日でしたが、心安らぐひと時を持つことができた公演でした。

ヴァイオリンのリサイタルは初めての経験でしたので、どんなものかと興味津々でしたが、これが思った以上に素晴らしい。共演の佐田詠夢さんは孫のピアノの同門の大先輩。松崎伶子先生の秘蔵っ子だけあってとてもきれいな音で奏でる人。孫のあこがれの先輩です。

と言うわけで今回は娘一家に私が混じり、ヴァイオリンの世界では巨匠といわれるヒンク氏との共演を楽しみに出かけたわけです。

会場はほぼ満員、ご夫妻で来場されている品の良いご夫婦も多く見られたのが特徴でした。

曲目はモーツアルト:ヴァイオリンソナタ40番 シューベルト:ヴァイオリンソナティナ第2番

ドヴォルザーク:ヴァイオリンの為の4つのロマンティックな小品

ベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ第5番「春」そしてアンコールはモーツアルト アンダンテ

お孫ちゃんは最初から最後までしっかりと聞いていたようで、「えむちゃん、音が綺麗、ヴァイオリン素敵だった、何箇所か半音狂っていたところがあったけれど、まあね・・一番「春」がよかった」と感想。彼女はかなり耳が良いのでちょっとのミスも聴き分けてしまう。私など平凡な耳の人は全体を聴いて感想を言うだけだけれど、ちょっとのミスも聴き逃さない耳の良い人はある意味かわいそうかな・・

この件に関してソルフェージュを教えていただいている先生に伺ったら、「ピアノと違ってヴァイオリンは平均律ではないから、それはヒンクさんの表現の一つかもしれないよ」と言われていました。確かにそうかもしれませんね、ピアノだけでなく色々な楽器の音を聴いて勉強することが大切ですね。

この日はヒンク氏とピアノの共演をなさったことがある美智子皇后さまもご来賓。二階席からのご鑑賞だったのでご尊顔を拝することはできませんでしたが、えむさんのご両親、(お父様はさだまさしさん)、ご主人、恩師である松崎伶子先生などご招待の方々と共に鑑賞されたようです。

心楽しい一夜でした。

今日のきものは:こんな日も私はきものです。といってこんな時に着る洋服がないので、すべて着物で通します。会場で着物姿はもう一人いらしただけ・・洋服でのドレスアップが多かったですね。

Photo少し気分が落ち込んでいる今はぱっと目立つ装いは何となくしたくない、と言うわけで地味に夏塩沢。いや、たんに悉皆に出す着物を節約しているだけかな・・

きもの:夏塩沢 帯:紗の名古屋帯 帯締め:蘭菊

2018年9月 1日 (土)

母の七回忌

早いもので母がなくなって丸六年、今年は七回忌になります。次の十三回忌には私が元気でいられるか分からないので、出来るだけ集まってね、ということで、総勢八人で8月26日~28日の二泊三日の予定で法事に故郷まで行ってきました。

近頃は最高気温で全国一を何度もとって有名になった岐阜の多治見市のお隣の町です。おそらく多治見よりこちらの方が気温は高いと思うのですが、なんでも計測する場所がないそうなので、一応全国一位の席は多治見市に譲っている状態なのだとか・・高い建物がないうえに意外に草木がすくない、ということで外は直射日光をもろに受け、暑い暑い!

まずは26日に先達の私と妹それに二男、孫の四人でお墓掃除にお寺へ。背の高い息子がいたおかげで今年は石碑のてっぺんまで綺麗に掃除でき、皆大満足。

Photo午後に行ったのでお天道様が竹藪の中に隠れお墓の敷地の中は日陰で涼しく、一時間かけてゆっくりとお掃除できました。都会と違ってお墓の敷地は広く、おそら2坪近くはあるので、掃除の仕甲斐はあります。

その分翌日の法事の日は午前中だったので直射日光をもろに受け、お墓の前での住職の読経の間は皆ただ耐えるのみ、それでもとどこおりなく法事を終えることができ、終わった後はみな満足げな様子でした。

2018_8_28_2_2

この日は皆で御嵩町と瑞浪市の間をまたぐ鬼岩温泉の「了山」という宿に宿泊。

なかなかこのメンバー全員で集まる機会がないので、夕食は鮎の塩焼きなどの美味しいお食事を頂きながら、和気藹藹と楽しい時間を過ごせました。

私は余りの暑さに脳みそは沸騰状態、ただでさえ回転が悪くなっている頭の回転はないも同然。お孫ちゃんに「まあまちゃん、大丈夫?」といわれるほどぼけぼけでした。

さあ、しっかり休んで疲れをとり、また元気に動かねば・・

« 2018年8月 | トップページ