« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月14日 (土)

猛暑の中を権太楼独演会へ

2018_7_14_3
あまりの灼熱地獄で行くの止めようかなあと思ったほどの暑い日、思い直して気分を立て直し、着物で行ってきました。着物の良いところは着るときはちょっと暑い様に思えますが、着てしまうと気分はしゃっきりするし、意外に風通しがよくて裾から入る風で涼しいことです。

開演前ロビーで待っていると洗いざらしの涼しそうなシャツを着たいがぐり頭のおじさんがそばを通って行きました。よくよく見たら、なんと権太楼師匠、ロビーで著書の販売でした。

落語家魂」という読売新聞で連載されたものに手を加えて出版されたものですが、面白そうなので購入、権ちゃんサイン入り、握手付きでした。(あっと言う間に読了、面白かった)

そして本日の演目は1.試し酒  2.居残り佐平次

試し酒は酒の酔い方がリアルに表現で来ていて、師匠は本当は大酒のみなのかな、と思わせるほどのうまさ、居残り佐平次は大ネタですが、何度も何度も演じその都度削ぎ、加え、練りを繰り返し完成度を上げてきた噺という感じがし、佐平次の小悪党ながら魅力ある人間像が鮮明に演じられていました

権太楼の魅力あふれる充実した独演会でした。

今日のきものは:前回の談春独演会の時洋服で行ったら売店のお姉さんから「あら、洋服ですか」と言われたので暑い日でしたが、頑張って着物で行きました。着てしまえばこちらのもの案外涼しく過ごせました。

Photo何年振りかで母のお下がりの夏塩沢を着てみました。かなり地味でもう少し後かなと思っていたものがやっと着ごろになったようです。

喜んでいいのか悪いのかは分かりませんが・・

着物:夏塩沢  帯:本羅織りの名古屋帯 帯締め:蘭菊

2018年7月 6日 (金)

何年ぶり? 立川談春独演会

2018_7_6

人気噺家でチケットは抽選、当たったためしがない私ですが、今回は珍しく当選!談春落語は5年ぶりくらいになります。

演目は1.九州吹き戻し 2.へっつい幽霊の二つ。

前者はネタおろしの時に同じにぎわい座で聴いたもの。師匠談志の得意ネタだそうです。その時はまだまだこなれていなくて、途中で寝てしまい、最後の落ちも覚えていない始末でしたが、5年の歳月で変わりました。もうすっかり談春落語として定着したようです。2.のへっつい幽霊は初めての演目ですが、初めてなのに通しで聴けてラッキーでした。1時間の長講でしたが、ぐいぐいと引っ張られ最後の落ちまで楽しく聴けました。

5年前と違って談志師匠から解き放たれた感じがしたのですが、どうでしょうか、その辺に談春落語の進歩の要因があるのかもしれません。

にぎわい座ではチケット抽選の演者ですが、今後も応募してみようかな、という気になる魅力ある高座でした。

今日は急ぎのため洋服で・・

いつもお茶を買う売店のおねえさんに「えっ!お着物ではないんですか?私洋服姿初めて見たような気がします」と言われてしまいました。実際にはたま~に洋服で行くことがあるのですが、着物姿の印象が強いのでしょうね。

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »