« 初新派 ー 黒蜥蝪 | トップページ | 六月大歌舞伎 - 夜の部 »

2018年6月24日 (日)

映画 羊と鋼の森

2018_6_24_001_2
何年ぶりでしょうか、映画館に行って映画を観たいと思ったことは・・

ほんの二時間ばかりの映画のために主婦としてロスする時間は意外に多く、疲れるから止めようと思ってしまう。そのうちテレビでやるからその時に観ればいい。妹のように一人暮らしだと、食事の支度の心配をすることもなく、気が向いたらひょいと映画を観に出かける、いつも羨ましいと思ってしまう。

今回は娘たち夫婦と孫も乗り気で一緒にでかけようということになり、本当に久しぶりにみなとみらいの映画館まで出かけてきました。

孫がピアノをかなり熱心にやっているせいで、ピアノ関係の書物に興味をもつようになり、「蜜蜂と遠雷」に続き、調律師の世界ものぞいてみたいと思い原作本を読んで感動したことがきっかけです。

良くできた映画だと思います。配役も原作のイメージとうまくかさなり、本の中では想像するだけだった森のイメージも素晴らしく、若い調律師が人間としても調律師としても成長していく姿を的確に描いていました。

涙もろい私は心に共鳴する場面があると涙となってその気持ちが表れてしまうのですが、その回数の多かったこと!ピアノに縁のない方もきっと感動する映画だと思いますよ。

« 初新派 ー 黒蜥蝪 | トップページ | 六月大歌舞伎 - 夜の部 »

芸術・芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/73760596

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 羊と鋼の森:

« 初新派 ー 黒蜥蝪 | トップページ | 六月大歌舞伎 - 夜の部 »