« 春の古都 | トップページ | 近頃の呉服事情 »

2018年4月16日 (月)

春の古都 その2

奈良から京都に戻って15日は三条にあるホテルで宿泊、銀座で何度かお世話になったホテルのチェーンホテルですが、かなり最近できたものらしくお部屋も真新しく清潔。なによりセキュリティがしっかりしているのが女性三人で泊まるのには安心です。

が、翌朝、朝食を食べにレストランに行ってびっくりしました。バイキング形式の朝食会場は満員、でもなんだかいつもと雰囲気が違うな、と思って見渡すと、なんとなんとジャパニーズは私たち三人だけの完全アウエイ。欧米人の姿も多いのですが、八割がた中国の方々、ここは京都なのだろうか、と思うほどです。錦市場が近いので、ホテルを出てからぶらぶらしてみたのですが、歩いている観光客はほとんどが外国の人ばかりでした。

観光客が多いのは京都の繁栄にはよいのでしょうが、私たち古い日本人ははんなりとしたあの京都の旅が楽しみたい・・

どうしても”老松”の和菓子をお土産に買いたいと友人に言ったら、上七軒にあるから、北野天満宮にお参りしてその帰りに買いましょう、ということで、一路バスで北上、30分以上バスに乗って目的地へ。

Photo上七軒の通りは写真のように石畳、古都の景観を残した町並みは、やっと昔の懐かしい京都に会えたようなうれしい気分になりました。

老松さんのお店もうっかりすると通り過ぎてしまいそうな控えめな感じですが、かといって入りにくさはなく、また来たいという気持ちにさせられる雰囲気のあるお店でした。

お土産の他に三人分桜餅を買って天満宮の境内のお休み処でいただきました。

上品な甘さで優しい味のするとても美味しい桜餅でした。

Photo_2

何度も京都に来ているのですが、北野天満宮は初めて。

工事中でしたが、とても素晴らしく、またゆっくりお参りに来られたらと思います。

楽しい春の旅行でした。

さあ、秋は何処へ行きましょうか。

今日の着物は:帯は昨日と同じ。着物は昨年単衣から袷に仕立て直した塩沢紬で。軽くて動きやすいきものです。

Photo_3

そうそう伊と忠さんで作っていただいた綿入りの草履。やはりとても歩きやすい、まったく疲れを感じませんでした。これからも大活躍することでしょう。

« 春の古都 | トップページ | 近頃の呉服事情 »

旅行・地域」カテゴリの記事

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の古都 その2:

« 春の古都 | トップページ | 近頃の呉服事情 »