« 春の古都 その2 | トップページ | 上品会と雅楽鑑賞 »

2018年4月23日 (月)

近頃の呉服事情

久しぶりに着物仲間三人が横浜高島屋に集合。

それぞれが年齢を重ね、着物購入の意欲も下降線。といっても着物に飽きたわけではありません。そろえるものはだいたいそろったし、そんなに先が長いわけではないからあるものをキチンと手入れして次の世代まで送れるようにきめ細かく呉服に付き合っていこうと思いだしたということです。が、売る方としてはどんどん新しいものを買ってもらわなくては商売としては小さくなってしまう。難しいものですね。

母の時代は呉服全盛の時代でしたが、今のようにどんどん新しいものを買って着捨てていくという風潮はなく、何度も洗い張りをし、場合によっては染変えし、丁寧に着続けた時代でした。正直言ってそういう着物ライフが余り売る方には尊重される時代でなくなってしまいました。着物人口が減り、維持するより新しいものをどんどん買ってもらわなくては業界がやっていけないということにおそらく起因しているのだと思います。

そんなことを考えながらそれでも三人着物を着てお茶を飲み楽しんできました。「ほら、あの着物に今度はあの帯を合せてみたら?」などと知恵を出し合って御洒落を楽しむのは着物でこその楽しみといえます。

今日の着物は一人は秦荘紬に藍型の染帯、もう一人は大島紬に白地の塩瀬の帯、二人とも春らしい装いを楽しんでいました。

今日の着物:連続着用の塩沢紬、春らしいさわやかな色合いなので今頃が一番の出番です。帯は牡丹柄の染帯で

Photo洗面所で品のよい年配の御婦人から「牡丹ですね、素敵ですね、でもお顔の方がもっと綺麗でかわいらしいですね」とびっくりするようなおほめの言葉を頂きました。思わず「褒めていただきありがとうございます」とお礼を言ってしまいました。お世辞100%にしても褒められることはいくつになってもうれしいものです。でも、この年でかわいらしいとは・・

« 春の古都 その2 | トップページ | 上品会と雅楽鑑賞 »

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近頃の呉服事情:

« 春の古都 その2 | トップページ | 上品会と雅楽鑑賞 »