« A ちゃん、おめでとう! | トップページ | 柳家三三独演会 at にぎわい座 »

2018年2月15日 (木)

二月大歌舞伎 ー 高麗屋三代襲名披露

Photo_2高麗屋三代襲名披露歌舞伎に行ってまいりました。本当は午後の部に行きたかったのですが、席が取れず、午前の部になりましたが、これがまたなかなかよく十分に堪能してきました。

久しぶりに春の兆しが見える暖かい日。ほんの二週間前に大雪が降ったとは思えません。三寒四温といいますから、これからも寒暖を繰り返しながら本物の春がやってくることでしょう。着物を着て銀座を歩いていても気分が華やぐ日でした。

演目は左のポスターにあるとおり、四つですが、印象に残ったのは新幸四郎の一條大蔵卿役、そして成田屋の家芸、歌舞伎十八番の“暫”の華やかなにぎわいぶり、そして実はあまり期待していなかった”井伊大老”。

一條大蔵卿の新幸四郎、呆けた役の呆けっぷりと理性がちらっと垣間見える瞬間の変り目が良かった。文句なく役者としての力量を伸ばしていらっしゃることがわかりました。  

そしてお祝いとして演じられた成田屋のお家芸の暫は初めて拝見しましたが、単純な勧善懲悪劇がご祝儀の舞台にはぴったりで、海老蔵の大掛かりな衣裳もこれまた必見、なんと総重量60kgとか、こんなに体力のいる仕事では役者は身体の管理が大切なことがよくわかりました。楽しいお芝居でした。

そして”井伊大老”、桜田門外の変の前日の様子を描いたものですが、吉右衛門の堂々とした直弼と雀右衛門の愛妾のからみがよく、ほろりとさせられる一場面でした。

少々チケット代がお高いのが難点ですが、年に二三度は歌舞伎を堪能したいですね。次は何にしましょうか。

今日の着物は:歌舞伎見物はちょっと華やかにと心がけています。

Photo_3きもの:小倉貞右作(東京手描友禅)

山王日枝神社の祭りを描いた華やかさのある付下げです

帯:若松文袋帯(帯の岩田)

帯締:笹波組(平田武作)

« A ちゃん、おめでとう! | トップページ | 柳家三三独演会 at にぎわい座 »

和装」カテゴリの記事

芸術・芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/72947302

この記事へのトラックバック一覧です: 二月大歌舞伎 ー 高麗屋三代襲名披露:

« A ちゃん、おめでとう! | トップページ | 柳家三三独演会 at にぎわい座 »