« 着衣始は市馬独演会 | トップページ | 桜の帯締め »

2018年1月14日 (日)

平田竹峯さん

毎年一月恒例の平田竹峯さんの実演販売会に行ってきました。

以前は年に何回か実演があったのですが、ここ数年は全国を廻っていらっしゃる竹峯さんの予約がいっぱいで、一回になってしまいました。東京、横浜近郊の他のデパートやお店にいけばお会いできるのでしょうが、ここ横浜の高島屋でのことです。

竹峯さんと一年分のおしゃべりをして今年の分の注文をして夕方まで友人と二人たのしんできました。新年最初のご挨拶ということで着物も普段着ではなく格上げしていくのが毎年の恒例になっています。

友人はクリーム地に藍で描いた模様のある付下げに綴れの帯で決めてきました。

今日の着物は:

Photo一年ほど着ていない梅ねず色の新小石丸の無地に鳳凰模様の糸錦の袋

帯で。

着物:梅ねず色の無地、地紋は牡丹唐草(矢代仁)Photo_2

帯:鳳凰模様の糸錦の袋帯(帯の岩田)

それにしても左手のサポーター、目立ちますね、

« 着衣始は市馬独演会 | トップページ | 桜の帯締め »

和装」カテゴリの記事

催事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平田竹峯さん:

« 着衣始は市馬独演会 | トップページ | 桜の帯締め »