« コートの採寸に | トップページ | クラス会 in Nagoya »

2017年10月11日 (水)

20年の感謝をこめて

横浜高島屋呉服部で20年間お世話になった社員さんが今年11月いっぱいで完全リタイアされることになりました。まだまだお元気で私たち着物仲間としてはもう5年くらいは頑張っていただきたいと思っていたのですが、会社の規定ではしかたありません。

「初めは着物に着られていたけれど本当に綺麗にきられるようになりましたね」と最近はおほめいただくことが多く、また着物をきていくと必ず着姿を褒めてくださると言う女性としては本当にうれしい気持ちにさせてくださる方でした。

有給休暇がたっぷり残っていて、11月末までの出社数は20日を切ったということで、タイミングが合わなくてお会いできないといけないと思い出社を確認してまず私がご挨拶に伺いました。喜んでくださり本当に良かったです。最後の日には必ずお見送りに伺いますね。

今日のきものは:涼しくなったと思ったらまた暑さがぶり返した日でしたので、長襦袢は単衣の楊柳のまま、さらっと着られる十日町紬で。母から譲られたものなので本当に十日町なのかはわかりません。なにせ60年ものですから・・

Photoきもの:十日町紬とみられるもの 母からのお下がり

帯:椿模様の染帯 これも母からのお下がりです。

« コートの採寸に | トップページ | クラス会 in Nagoya »

思うこと」カテゴリの記事

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20年の感謝をこめて:

« コートの採寸に | トップページ | クラス会 in Nagoya »