« 上方落語の魅力- 桂米團冶独演会 | トップページ | 小倉貞右・隆 親子展ー古典とモダンの融合 »

2017年9月12日 (火)

廓三景  柳家さん喬独演会

2017_9好きな落語家の中でも今特にはまっているのが、さん喬師匠、恋話と廓話はぜったいに聴き逃せない。欠点はぜったいに手を抜かないから終演が遅くなる。故に独演会のある日は深夜の帰宅を覚悟して出かけます。

今回は初めて聴く「五人廻し」に「明烏」「お直し」の三席。余り長い噺はないので遅くなると言っても知れていると思い、その点は安心して出かけました。(珍しく9時半の終演、早い方です)

ちょっと滑稽な「五人廻し」、熱演でした。五人のお客をしっかりと描き分ける力量は凄い、うぶな若旦那の吉原初体験の明烏、おかしみの中に夫婦の情愛をのぞかせるお直しと廓三景をじっくり堪能できました。次の独演会は12月、やっぱり聴き逃せませんね。

今日のきものは: いよいよ本格的な秋単衣の季節になりました。数年前までは噺家は9月いっぱいくらいは絽の着物に絽の羽織が多かったのですが、今年は米團冶、さん喬のおふたりとも単衣もの、かくて私も本格的に秋の単衣になりました。

Photoきもの:単衣紬(おそらく塩沢 母のお下がりなのではっきり分かりません)

帯:紙布藍染めの名古屋帯 これも母のおさがりです。

 

9月16日(土)

台風の影響を受けないうちにと雨を心配しながら夏物の悉皆の残りを出しに横浜へ。

ついでに着物仲間の友人とお茶しました。

今日の着物は:

2017_9_16_002単衣の上代御召に白地縞模様の名古屋帯

帯締めに珍しい組み方の西大寺組

袖口に長襦袢が見えているのは残念、実は襦袢はまだ絽、こういったとろりとした生地は寸法が合っていてもきものから出てしまうので用心です。

« 上方落語の魅力- 桂米團冶独演会 | トップページ | 小倉貞右・隆 親子展ー古典とモダンの融合 »

和装」カテゴリの記事

芸術・芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/71719382

この記事へのトラックバック一覧です: 廓三景  柳家さん喬独演会:

« 上方落語の魅力- 桂米團冶独演会 | トップページ | 小倉貞右・隆 親子展ー古典とモダンの融合 »