« 1年振りの帰省 | トップページ | 上方落語の魅力- 桂米團冶独演会 »

2017年9月 3日 (日)

五十日振りの着物

7月15日以来の着物着用です。

こんなことはここ10年ほどは全くなかったこと、それほど私にとっては異常なことなのです。

暑くても、身体が辛くても、精神的に落ち込んでいたとしても「なにくそがんばるぞ!ここで老けこんではなるものか」と昨年までは自分を叱咤してきました。ところが今年は全く気力なしで、叱咤激励する気も起きないのです。

昨日意を決して着物仲間に電話し、きものの悉皆を頼むのを口実に横浜まで出かける約束をしました。少し暑さが遠のいたせいもあり、なんとか仕事をこなすことができました。やはり外にでることは気分転換に良いですね。特に私にとっては家にこもっているのが一番のストレスのたまる要素になっているような気がします。

この秋はどうか良いことがいっぱいありますように・・

Photo今日のきものは:

まだまだ暑いので薄物が手放せません。

おなじみの夏琉球に紗の名古屋帯、羅は盛夏のもので9月になったら暑くても締めませんが、紗は半ばころまでは大丈夫なようです。

近頃は9月半ばまでは気温によって薄物を着たり、単衣を着たりとかなり融通を効かせて暑さに負けないような工夫をするのが良いようです。

« 1年振りの帰省 | トップページ | 上方落語の魅力- 桂米團冶独演会 »

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/71605298

この記事へのトラックバック一覧です: 五十日振りの着物:

« 1年振りの帰省 | トップページ | 上方落語の魅力- 桂米團冶独演会 »