« 七月大歌舞伎 夜の部 | トップページ | 1年振りの帰省 »

2017年7月15日 (土)

七月の落語

2017_7_15マンネリ化を恐れてここ半年ばかりは一か月に一度にした落語鑑賞、それでも選択しかねて二度になることもあります。結局好きなんでしょうね。

今月はご贔屓の一人、柳家権太楼、暑い中を(14:00開演なので)出かけてきました。友人の中には夜の開演を嫌がる人もいますが、私は夕食などのすべての支度を終えて気分を軽くして出かける方が本当は好きなのですが、演者の都合もあるでしょうからしかたありません。

予定では「らくだ」と「黄金の大黒」の二席の予定だったようですが、ただいま練習中で来年早々の完成を目指している「薮入り」をやってみたいということで三席になりました。ほぼ八分どうりの出来になっているのではと思いながら聴いていたのですが、あとちょっとのエッセンスが足りないかな、と言う印象。なんども試行錯誤を重ねて行くうちに落語も完成度を増していくものだからネタおろしとしては上々でしょうね。

いつもの定席「きの11番」、演者からはおそらく丸見えの席、暑さと忙しさの疲労が出てついつい熱演中の「らくだ」で居眠りが出ました。師匠の出来が悪かったのではありません。すごい熱演だな、と思いつつどうしても目が開けられなかった私の身体の方が悪かったのです。ごめんなさい!


今日のきものは:

暑い日でしたが、気を引き締めてきもので出かけました。着てしまえばこちらのもの、それほどではありません。

Photo歌舞伎見物の翌日にも着たので、今期二度目の明石縮。柔らかい雰囲気の着物で私好みです。絹ですが、麻の着物のように涼しい。

きもの:明石縮

帯:櫛織り 櫛織りは本来は単衣のものですが、目が粗く透け感があるので、薄物に合わせています。帯芯を同色の紺にすると雰囲気が変わって本来の単衣向きになると思います。この着物に合う帯がないので当分はこのまま真夏仕様で。

帯締め:蘭菊(平田組紐)

« 七月大歌舞伎 夜の部 | トップページ | 1年振りの帰省 »

和装」カテゴリの記事

芸術・芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/71181046

この記事へのトラックバック一覧です: 七月の落語:

« 七月大歌舞伎 夜の部 | トップページ | 1年振りの帰省 »