« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月15日 (土)

七月の落語

2017_7_15マンネリ化を恐れてここ半年ばかりは一か月に一度にした落語鑑賞、それでも選択しかねて二度になることもあります。結局好きなんでしょうね。

今月はご贔屓の一人、柳家権太楼、暑い中を(14:00開演なので)出かけてきました。友人の中には夜の開演を嫌がる人もいますが、私は夕食などのすべての支度を終えて気分を軽くして出かける方が本当は好きなのですが、演者の都合もあるでしょうからしかたありません。

予定では「らくだ」と「黄金の大黒」の二席の予定だったようですが、ただいま練習中で来年早々の完成を目指している「薮入り」をやってみたいということで三席になりました。ほぼ八分どうりの出来になっているのではと思いながら聴いていたのですが、あとちょっとのエッセンスが足りないかな、と言う印象。なんども試行錯誤を重ねて行くうちに落語も完成度を増していくものだからネタおろしとしては上々でしょうね。

いつもの定席「きの11番」、演者からはおそらく丸見えの席、暑さと忙しさの疲労が出てついつい熱演中の「らくだ」で居眠りが出ました。師匠の出来が悪かったのではありません。すごい熱演だな、と思いつつどうしても目が開けられなかった私の身体の方が悪かったのです。ごめんなさい!


今日のきものは:

暑い日でしたが、気を引き締めてきもので出かけました。着てしまえばこちらのもの、それほどではありません。

Photo歌舞伎見物の翌日にも着たので、今期二度目の明石縮。柔らかい雰囲気の着物で私好みです。絹ですが、麻の着物のように涼しい。

きもの:明石縮

帯:櫛織り 櫛織りは本来は単衣のものですが、目が粗く透け感があるので、薄物に合わせています。帯芯を同色の紺にすると雰囲気が変わって本来の単衣向きになると思います。この着物に合う帯がないので当分はこのまま真夏仕様で。

帯締め:蘭菊(平田組紐)

2017年7月10日 (月)

七月大歌舞伎 夜の部

2017_7_10_4大阪と名古屋の友人と半年前に約束して、チケットを取っておいた七月大歌舞伎。六月の発売日にはまだ麻央さんが存命でこんなに大騒ぎになると思っていなかったのが、海老蔵さん長男のかんかんちゃんがママの麻央さんが亡くなったのにもめげず史上最年少で宙乗りをするというニュースで即、チケットは完売になり、歌舞伎座は大盛況。いつもより若い世代がめだちました。

正直若いころの海老蔵さんは余り好きではありませんでした。ご自分でも「以前は他人のことなど考えたことがなかった・・」とおっしゃっていましたが、麻央さんと結婚されてからは人が変わったように人間として役者としての幅が広がり、演技にも幅が出てきたように感じていました。私と同病の麻央さんのブログを今年になってから時々拝見していましたので、亡くなった後は海老蔵さんのブログを拝見して彼の激しい喪失感や幼いお子様二人がけなげに母親の不在に耐えている様子をつぶさに見てきました。最愛の人をもう身近に見られないあの喪失感ほど辛いものはありません。悲しさと言う言葉では言い表せないもっともっと大きなもの・・毎朝襲い来るあの何とも言えない心の不安、喪失感を克服するのにはおそらくまだまだ長い年月が必要でしょう。

舞台はやはり素晴らしいものでした。かわいらしいかんかんをご自分の傍らに引きよせたときの優しい慈愛に満ちた父親のまなざしは決して彼が若いころには見せたことのないものでした。

型を決める荒事は良いけれど人情の機微を表現しないといけない世話ものはまだまだ、と言われていた市川海老蔵も麻央さんによって一皮も二皮も剥けた役者に成長したと思います。

天国の麻央さん、成田屋の女将としての役割をあなたは十分に成し遂げられましたよ。やはり、人生で一番大切な物は本物の愛ですね。

友人二人も「本当に感激した、上京してよかった」といって満足して帰って行きました。

今日のきものは:

Photoすっきりとした仙人草の模様と地色の青紫が大好きな絽の付下げ。友人たちに「涼し気に着ているわね」とほめていただきました。

加賀友禅と京友禅の両方を学ばれた吉田喜八郎さんの作品です。したがって金銀は使われておりません。

帯は絽綴れ 細見華岳さんの作品です。

帯締め:大小杉(平田組紐)

2017年7月 1日 (土)

快気祝い

友人が辛い治療と不安を乗り越え、10年再発なく過ごせ大病から卒業のお墨付きを頂きました。病名は本人の希望により伏せますが、早期発見がなかなか難しい病で、知り合いの中では10年再発なく無事生還した人は初めてです。早期発見と同種の病の中では比較的おとなしい型だったのが幸いしたと思います。

ということで大変おめでたい出来事。二人でささやかなお祝いをすることになりました。

もちろん、招待主は今回は私。”日本料理、甍”での夕食会です。せっかくのお祝いの会だから今日は楽しいお話だけにしましょうと、終始きものやおしゃれの話に徹しました。

もちろん二人とも着物姿での出席。夏の風情を感じるお料理の数々をおいしく頂きました

今日のきものは:7月に入ったので着物も薄物になります。ここ二、三年お気に入りの夏琉球を今夏の最初の着物にしました。

Photo光の加減でとても映りが悪かったのが残念。

着物は母の残してくれたものです。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »