« 浴衣 | トップページ | 暑いです! »

2017年5月28日 (日)

上品会 at 増上寺 2017

2017_5_28_at_2恒例の増上寺での上品会、今年は京都で堪能してきましたので、作品を見るのは薄物中心、季節的にちゃんと考えてあって初夏の増上寺での展示品には夏物が多く表に出してあります。広い空間での催しは拝見する方にとっても楽でゆったりと見られます。

昨日は歌舞伎俳優の中村獅童さんのトークがあったようですが、今日はぐっと専門的に草木染紬作家の山岸幸一さんのトークがありました。以前二三度拝聴したことがありますが、お話も大分進化していて新たな気持ちで聴くことができました。糸から染めから織りからすべて手作り、手作業でなされる工芸品は本当に価値のあるもの、細くてもよいから後世に残るものにしていただきたいものだと思いました。その責任の一端は消費者である私たちの世代にもあると思います。さあ、微々たる力ですが、頑張ろう~2017_5_28_at_001

お昼は再開した東京プリンスホテルで和食を頂きました。ホテルにしては比較的安価でおいしいものが食べられると思いました。

今日の着物は: まだ一応袷の季節なのですが、五月も末だし、暑いし、ということで、本日から小物まで単衣ものに代えました。それでも暑く、時々吹く爽やかな風に助けられました。春の名残ですね。

2017_5_28_at_002
着物:白鷹御召です。 日本三大御召と言われた白鷹御召ですが、板締めをする板大工さんがほとんどいらっしゃらなくなってきているとのこと。伝統を守ることは容易ではないようです。

帯:手織り博多帯 博多ディベロップメントカレッジ出身の小林顕子さんの卒業作品です。若い感性が息づいた作品です。

« 浴衣 | トップページ | 暑いです! »

催事」カテゴリの記事

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/70715899

この記事へのトラックバック一覧です: 上品会 at 増上寺 2017:

« 浴衣 | トップページ | 暑いです! »