« 恋ふたつ - 柳家さん喬独演会 | トップページ | 小田原懇親会 »

2017年4月25日 (火)

オペラ座の怪人

Photo娘と孫に誘われて3月末から横浜公演が行われている劇団四季の「オペラ座の怪人」を観てきました。
四季の公演を観るのはなんと学生時代以来ですから、何十年振りになりますか・・

会場で本日の出演者を見ても知らない俳優さんばかり、テレビなどでの露出の多い俳優さんは皆無、舞台俳優さんの分野では著名な方もいらっしゃるのでしょうが、正直メジャー感のあるかたはいらっしゃいません。それでもチケットはなかなか良い席がゲットできないほど人気があるのですから、人気に頼らない実力のある俳優さんがそろっているということでしょう。

オペラ座の怪人というと実母と義母が同世代なのですが、「若いころ見たオペラ座の怪人という映画よかったわね」と話が盛り上がっていたのを思い出します。

ファントムという怪人が主人公なので、奇想天外なところもありますが、舞台は迫力があり、エンターテイメントとしての仕上がりは素晴らしく四季の俳優さんたちの実力には感心しました。音楽性も基礎をしっかりと勉強した俳優さんばかりなので完成度もかなりのものです。ピアノをやっていて音には敏感な孫のAちゃん、「ちょっと意地悪な歌手の役の女の人、2オクターブプラスド・レ・ミまで声が出ていたよ」とびっくりしていました。機会があったらもう一度観てみたいそうです。

今日の着物は:

Photo_2今回初めて着用の小倉貞右さんの祭り模様の付下げ、日本の祭りをテーマに作られた作品。三社祭のひとつ山王日枝神社のお祭りを描いたものらしいです。地色は茶系をベースにピンクを合せた大人の色です。

この日は見渡したところ、1000人以上の観客で、着物は私一人(?)のよう、ちょっと淋しい気がしましたが、これからもめげずに着物で参加します。

着物:小倉貞右(東京手描き友禅作家)

帯:白地しゃれ袋(帯の岩田)

翌、26日も着物で横浜へ、さすがに連日の外出は疲れます。家事がなければ楽でしょうが、まだまだ当分は現役続行のようです。

Photo_3ぐっとカジュアルに牛首紬にこでまりの染帯で。やはり紬系は楽にきられますね。牛首紬の先染めはものすごく品薄になっていて、このように多色使いの縞模様は皆無だそうです。だんだん手仕事は貴重品になっていきますね。

« 恋ふたつ - 柳家さん喬独演会 | トップページ | 小田原懇親会 »

和装」カテゴリの記事

芸術・芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/70404029

この記事へのトラックバック一覧です: オペラ座の怪人:

« 恋ふたつ - 柳家さん喬独演会 | トップページ | 小田原懇親会 »