« 一朝・一之輔親子会 | トップページ | 昼食会 »

2017年2月18日 (土)

できれば着物で

ほとんど外出用の洋服を買わなくなったせいもあって、ちょっとしたおでかけも着物で通すことにしているのですが、着ない人から見ると盛装に見えるらしいのです。今日も横浜のデパートで、「これからなにかご予定でも・・」と聞かれました。それほど和装はこの国でも珍しいものになってきているのですね。

ちょっとした用足しなので着物の中でもカジュアルな装いで出かけました。

Photo母の愛用していた久米島紬に紅型模様の染名古屋帯、着物の地色が秋冬向きなので、今期はそろそろ着納めにしようと思っています。南の紬なので北の紬には暖かさでは負けますが、それでも縮緬系よりはうんと暖かいので、今の時期には重宝するきものです。

着物:久米島紬 母のお下がり

帯:照柿地の紅型模様の染帯 丸山叡子作

« 一朝・一之輔親子会 | トップページ | 昼食会 »

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/69654861

この記事へのトラックバック一覧です: できれば着物で:

« 一朝・一之輔親子会 | トップページ | 昼食会 »