« 新しい年 | トップページ | 新年の御挨拶に・・ »

2017年1月 3日 (火)

2017年着衣始は・・

今年は意外に早く着物を着る機会がやってきました。

昨日長男夫婦がやってきて恒例の家族一同でのステーキ夕食会があり、7日の妹の来訪までは家族としての行事は済んだので、珍しく3が日の内に銀座まで着物でお出かけする機会に恵まれました。目的は新橋演舞場で今月行われている市川右近、右團次襲名披露歌舞伎のチケットを手に入れること。ふだんはネットで購入するのですが、今回は超お得な優待券が手に入り、チケット売り場でしか購入できないということなので、頑張ってお正月早々からお出かけしてきたというわけです。なんと一等席18000円のところ、ジャスト10000円とのこと。余りにお得なので、いつもの着物仲間に連絡をしたら是非いきたいとのこと。かなり良い席をゲットすることもでき、新年早々ラッキーでした。

それ以外の目的はなかったので、銀座をぶらぶらして、三越でおいしいサンドイッチとクッキーを買い、ゆったりと銀ブラを楽しんで帰ってきました。

でも着物姿が少なくなりましたね。人出はほどほどに多かったのですが、行きと帰りで着物姿を見たのは十人にも満たない数。晴れ着を着ているお嬢さんもなく、着ているのは主に中年以上の御婦人。素敵な日本文化を絶やさないように、面倒がらずに着物でのおしゃれを楽しむ余裕を持ってもらいたいものだと思いました。

お天気も良く暖かく、コートを着ないで帯付きの方もみられた穏やかなお正月風景でした。

今日の着物は:Photo_3

Photoもう15年ほど前に購入した紅花紬、植物染の着物は経年で微妙に色が変化していくそうですが、それが返って色に落ちつきを与え風格となってくるようなきがします。帯は沖縄の南風原花織で北と南の共演となっています。

きもの:紅花紬 (新田秀次) 帯:南風原花織 

(大城哲) 帯締め:御岳組(平田組紐)

実は今回はコートを脱ぐ機会がなく、帯は隠れたままでした。

Photo_4いつも脇役に徹している道行のコート、たまには主役としてご紹介。

母から譲られた羽織をコートに仕立て直したもの。

紬地にロウケツ染めを施した私の大好きなコートです。紬地なので暖かい。

« 新しい年 | トップページ | 新年の御挨拶に・・ »

Family」カテゴリの記事

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/69100005

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年着衣始は・・:

« 新しい年 | トップページ | 新年の御挨拶に・・ »