« 壽新春大歌舞伎-市川右團次・右近襲名披露公演 夜の部 | トップページ | 一朝・一之輔親子会 »

2017年1月29日 (日)

第65回記念上品会 at 新喜楽

At_001


毎年恒例の和装染織界最高峰と言われる作品の集まる上品会、今年は第65回という節目だそうで、一層力が入ります。毎年染織8同人に課されるお題は今年は「ジャポニズムで描くものがたり」そして日本画家中島千波画伯の美の世界を表現したきものと帯、希少な日本の繭小石丸を用いて製作した礼装のきものなど見どころはいっぱいでした。昨年のお題「世界遺産」のときは絵画的鑑賞用といった作品が目立ちましたが、今年は着てみたい作品が多く、また着て晴れる作品が多く見られ作品の好みとしては私好みになってきているような気がしました。

「伊豆の踊子」と銘打った紬に友禅と刺繍で表現した帯、谷崎純一郎の名作「細雪」の四姉妹をイメージして描かれた訪問着など若かったら着てみたい、締めてみたいという帯や着物を十分に堪能させた頂きました。

会場の新喜楽は知る人ぞ知る名料亭、お昼にはもったいないようなおいしいお料理を頂くことができました。

At_004
左はお食事のメニューです。くえと蟹のかぶら煮などという高級な日本料理を頂く機会なんてこんな時しかありませんね。本当にごちそうさまでした。

今日のきものは: 米沢の作家山岸幸一さんの春来夢というブランド名の付いた紬の訪問着。さすが北国の織物ですね。暖かいです。織りは結城紬に習われたそうですから、暖かさが違います。帯も紬地の掬いの袋帯、こちらは京都西陣の作品です。

2Photo

着物:春来夢 紅想(はなおもい) 山岸幸一作

帯:輪の集い 掬い袋帯 まこと織物(帯の岩田)

« 壽新春大歌舞伎-市川右團次・右近襲名披露公演 夜の部 | トップページ | 一朝・一之輔親子会 »

催事」カテゴリの記事

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/69368138

この記事へのトラックバック一覧です: 第65回記念上品会 at 新喜楽:

« 壽新春大歌舞伎-市川右團次・右近襲名披露公演 夜の部 | トップページ | 一朝・一之輔親子会 »