« 恒例呉服特販会 at 滝川 | トップページ | 真田徹氏講演会 「真田幸村の虚像と実像」 »

2016年12月10日 (土)

今年の聴き納めは権太楼

09538f96fef3be3ca7a839b37a08948a朝日名人会に行かない場合は毎年にぎわい座での権太楼の独演会が聴き納めとなっているようです。

今年ももうそんな時期になってしまったのか、と少々驚きながら出かけてまいりました。

演目は「猫の災難」と「鰍沢」、数年前冬になるとどこもかしこも、あの人もこの人も鰍沢というちょっとしたブームがありましたが、そのブームが去った後聴くのは今日が初めてのような気がします。本日のできとしては「猫の災難」の方が私的にはよかったですね。酔いっぷりが見事!師匠、全国を飛び回る重労働でお疲れの様子。それでもだんだん調子がでて(声も出て)さすが、と思わせる噺ぶりになっていました。大病も師匠のエネルギーには勝てず今のところ鳴りをひそめているようですね。それでもくれぐれもお体を大切に、師匠の楽しい落語をずっと聴いていたいですから・・

そうそう、師匠の六番弟子のさん光さん、師匠はぼろくそでしたが、随分お上手になりましたね。進歩大ありです。

Photo今日の着物は:真冬はめったにきませんが、まだまだ寒さは緩やかなので、絣お召に縞の紬袋名古屋帯で。芯の入らない袋名古屋帯は軽くて楽に過ごせます。

着物:絣お召(矢代仁)

帯:縞紬帯(帯の岩田)

帯締め:御岳組(平田組紐)

« 恒例呉服特販会 at 滝川 | トップページ | 真田徹氏講演会 「真田幸村の虚像と実像」 »

和装」カテゴリの記事

芸術・芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/68798974

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の聴き納めは権太楼:

« 恒例呉服特販会 at 滝川 | トップページ | 真田徹氏講演会 「真田幸村の虚像と実像」 »