« 真田徹氏講演会 「真田幸村の虚像と実像」 | トップページ | 新しい年 »

2016年12月23日 (金)

今年の着納め

新しい年に初めて着物を纏うことを着衣始というそうですが、果たして着衣納という言葉はあるのでしょうか、ちょっと調べてみたのですが、分かりませんでした。言葉はともかく今日は今年の着物納めにしようと思い、横浜での買い物に着物を着て出かけてきました。なんだかんだといって着物を着る機会を作るのが着物好き。今日は12月下旬にしては暖かく、コートなしでも大丈夫なほどの陽気。

例年なら今頃は大島紬はちょっと暖かさに欠け着ないのですが、今日は丁度よい気温。というわけで、先日直しに出しておいた日月紋のしゃれ袋をコーディネイトしてみました。

PhotoPhoto_2こういった濃い系のコーディネイトは好きなのですが、私の雰囲気に合わなくて敬遠していたのですが、さすが年の功、なんとか着こなすことができるようになったようです。帯揚げに薄香を使って色を抜き、重くなり過ぎないようにするのがコツのようです。

先日手直しした甲斐があって帯姿にも安定感が出ました。

友人曰く「大島とセットで買ったみたいにぴったりの帯ね」だそうです。

着物:泥大島 王朝の調べ (恵織物)帯:日月紋しゃれ袋(千切屋)

« 真田徹氏講演会 「真田幸村の虚像と実像」 | トップページ | 新しい年 »

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/68961827

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の着納め:

« 真田徹氏講演会 「真田幸村の虚像と実像」 | トップページ | 新しい年 »