« きもの de 忘年会 | トップページ | 今年の聴き納めは権太楼 »

2016年12月 2日 (金)

恒例呉服特販会 at 滝川

2016_12_2_001年に二度の恒例の横浜高島屋呉服部の特販会。今年も年中行事の一つとして着物仲間三人ででかけてきました。

ほんとに、ほんとに超お買い得を見つけるならばこの会がベスト。いつも常設の品物を拝見していますのでどのくらいお買い得か一目でわかります。そしておなじみの問屋さんや呉服部販売員のみなさんと楽しい会話も楽しめます。

もう収入が減って余り高価な物を手に入れることはできなくなりましたが、幸か不幸か目だけは肥えてしまっています。ですからここでへそくりをちょっと貯めれば手に入るお値段で実は凄い!という品物を探します。今回も帯と着物で超、超、超、お買い得を発見。

そのうちお披露目をしますが、高島屋さん、へそくりがたまるまで待ってくださいね。

今日の着物は:

Photo織疋田のお召が着たいと思っていたのですが、今年はお出かけの日に雨が多く、紬に変えてしまっていましたので、着用は今年初めてです。

帯も久しぶりの鴛鴦に菊の花の染帯。この着物は汎用性があり、帯一つで春も秋も楽しめる重宝な着物です。織疋田に絵緯の小花模様が織り込まれているので、見た目よりもかなり高度な技術のいる織物です。

きもの:織疋田に絵緯の小花模様のお召(矢代仁)

帯:鴛鴦に菊の染帯(羽田登喜男作)

帯締:笹波組(平田武士)

« きもの de 忘年会 | トップページ | 今年の聴き納めは権太楼 »

催事」カテゴリの記事

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/68707925

この記事へのトラックバック一覧です: 恒例呉服特販会 at 滝川:

« きもの de 忘年会 | トップページ | 今年の聴き納めは権太楼 »