« クラス会と幼なじみ | トップページ | 憂いの秋 »

2016年10月23日 (日)

矢代仁展

2016_10_23_004毎年この時期恒例の京都矢代仁展、例年は鎌倉など他の地へ出ての展示会になるのですが、今年は横浜高島屋内でのこじんまりとした催しになりました。

大々的に展示会を開くほど以前のように顧客が多くないのかもしれません。メーカーさんのほうも余分な物は整理して無駄を省く方向に向かっているのかもしれません。これはとりもなおさず和装業界の衰退を意味するもので、こよなく着物や帯を愛する者としてはさびしい限りです。孫からも和服を着てお洒落をしていると「昭和の女性」といわれるほどですから、着物姿の女性そのものがレトロの代表のようになってきているのだと思います。

が、それはそれ、新しくデザインされた小紋やお召(矢代仁さんはお召が得意なメーカーさんです)を拝見するととても魅力的なものばかり、もう今年は予算を使い果たしておりますので、手を出すことができませんでしたが、しゃれもの好きな私には拝見するだけで憂さを忘れる楽しい時間になりました。同時開催の「帯の岩田」の様々な帯も帯好きなわたしにとってはおしゃれ心をくすぐる素敵な出会いばかりでした。

今日の着物は:矢代仁さんの展示会と言うので着物は矢代仁、帯は岩田でもとめたものを着て行きました。

Photo_2Photo_4きもの:新小石丸梅ねず色の無地(矢代仁)

帯:本綴れ帯 ベルリンの花(帯の岩田 石川つづれ)

帯締め:笹波組(平田武士)

« クラス会と幼なじみ | トップページ | 憂いの秋 »

催事」カテゴリの記事

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/68084935

この記事へのトラックバック一覧です: 矢代仁展:

« クラス会と幼なじみ | トップページ | 憂いの秋 »