« 「石川つづれ」帯地展 | トップページ | GOEMON »

2016年9月30日 (金)

「小倉貞右・隆親子展」

2016_9_30_001毎年楽しみにしている東京手描き友禅作家の「小倉貞右隆親子展」に行ってまいりました。当日は私たち着物仲間三人が作品を拝見しに行くと知って貞右さんが来場してくださいました。一週間の開催ですから隆さんと交代で来場されているのだと思いますが、おそらくスケジュールを調節してくださったのでしょう。とても細やかな心使いをしてくださる作家さんです。そんなお人柄が作品にも見て取れ、着る人の気持ちになった、纏って美しい作品になっています。着付けで隠れてしまうところには敢えて描かず、それはとりもなおさず、消費者にとってはうれしいお値段に繋がるわけですし、また問屋さんを通していないのでその点でもやさしいお値段になっているのです

今回は懐の調節がつかず、眺めるだけになりましたが、型染めでない手描きの飛び柄の小紋はなかなか魅力的、「いつかは・・」という気持ちになってしまいました。

(10月4日まで横浜高島屋7階特選呉服サロンにて開催中)

今日の着物は:9月30日という本当に中途半端な季節。秋は先取りして袷というわけにはいきませんので、今期最後の単衣のつもりで本塩沢を着て行きました。帯に少々悩みましたが、秋の気配をと紬地の染帯で。生地も芯も薄くできているので九寸名古屋でも暑さは感じませんでした。

Photo着物:本塩沢単衣

帯:母から譲られたもの 紬の染帯

帯締め:御岳組

« 「石川つづれ」帯地展 | トップページ | GOEMON »

催事」カテゴリの記事

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/67751335

この記事へのトラックバック一覧です: 「小倉貞右・隆親子展」:

« 「石川つづれ」帯地展 | トップページ | GOEMON »