« 怪談乳房榎 - 柳家三三独演会 | トップページ | 猛暑の合間に »

2016年7月16日 (土)

怠け心を叱咤して

不安定な天気、不安定な気温、もうもう身体がついていけなくて暇さえあればゴロリ、そんな生活を引き締めるため着物を着てお出かけしてきました。

地方にいる中学、高校時代の友人の御主人が趣味で畑を耕されて幾十年、有機で作ったお野菜をここ数年7月になると友人がどっさり送ってくださり、6人の口を養っている私としては本当に大助かり、そのお礼に毎回彼女の好物の泉屋のクッキーを贈っているのですが、身体がしんどくてほんの近くの横浜までが出られない、それならば、と着物仲間で「着物が着たい、着たい」と言っている元気な友人を誘っての外出です。怠けていても約束すれば律義な私は出かけられるのです。

元気づけに鰻でも頂きましょうか、と相談したのですが、お目当ての野田岩さんは長蛇の列、こちらはあっさりまたの機会にと諦めました。好きな着物や小物を見てそれなりに楽しい時間を持つことができました。さあ、また明日から家事を頑張らなくちゃね。

今日の着物は:

Photo白の暈かしの入った青紫の紋紗の小紋、昨年はちょっと格のある絽綴れの帯で歌舞伎にお出かけしたのですが、もっと軽く着たいと思い、手持ちの帯でなにかないかと思案した結果、上代羅ならば羅でも無地あたりまで締められると木村孝さんの本で読み、早速合せてみました。羅と一般的に言われているいわゆる粗紗の帯は金銀が使ってあるもの以外はかなりカジュアルなのですが、この帯ならば幅広く締められるようです。

きもの:紋紗(矢代仁) 帯:本羅 帯締め:蘭菊(平田組紐)

« 怪談乳房榎 - 柳家三三独演会 | トップページ | 猛暑の合間に »

和装」カテゴリの記事

思うこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/66540972

この記事へのトラックバック一覧です: 怠け心を叱咤して:

« 怪談乳房榎 - 柳家三三独演会 | トップページ | 猛暑の合間に »