« 今年の初単衣 | トップページ | 妹の晴れ舞台-朗読会 »

2016年5月28日 (土)

二股かけて疲れました!

若いころは一日に二個や三個のスケジュールをこなしても何とかなったものですが、さすがお年です!一日二つのイベント参加はかなりきつい。ほんとうの御隠居さんにでもなってお出かけするのがお仕事くらいの身分になれたら、返って楽になるのかもしれませんが、そういうことは一生なさそうなので自己管理をしっかりしていかないと楽しむことができなくなりそうです。

というわけで今日は家事を片づけてから高島屋へ平田武士さんの組紐実演があるというので仲間を代表して出かけてきました。武士さんは平田竹峯さんのご長男。高島屋デビューということで是非にとお声が掛り、また竹峯さんが昨年東日本工芸会に出品され入選された「シルクロード」と銘のついた二重唐組みの帯締めを持ってきて見せてくださるということでもあり、夜にはコンサート鑑賞を控えていたにもかかわらずはせ参じたというわけです。武士さんとは初対面ですが、本当に御父上とよく似ていらっしゃる、弁が立つところがまたそっくり、そんなわけで初対面とは思えないほど話が弾みました。デビューということで記念に「笹波組手綱」という組み方の帯締めを頂いてきました。そうそう、シルクロードは素晴らしかったです。茶紫を基調とした唐組みは本当に繊細で技術の高さを感じる作品でした。

ささっと八階の食堂街で夕食を済ませ、7時開演のフルートデュオとピアノ夕のべ鑑賞のため

Photo_6鶴見のサルビアホールへ。

ピアノ演奏の前田和弘さんは孫娘のAちゃんが、ソルフェージュを習っている先生です。なかなかの大曲ばかりで初めての曲が多かったのですが、素敵な演奏を二時間たっぷり楽しませていただきました。会場は満員御礼の盛況ぶり、本当によかったです。

今日の着物は:

Photo_2昨日に引き続き、単衣で。

きものも帯も母から譲られたものですが、やっと近頃板についてきた気がします。

きもの:夏紬(おそらく塩沢) 帯:和紙で織られた藍染めの帯

偶然ですが、きもの、帯とも新潟県で作られたものです。

帯締めはお気に入りの綾竹矢羽根からむし(平田組紐)

後ろ姿はこんな感じです。

Photo_4

« 今年の初単衣 | トップページ | 妹の晴れ舞台-朗読会 »

催事」カテゴリの記事

和装」カテゴリの記事

芸術・芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/65756178

この記事へのトラックバック一覧です: 二股かけて疲れました!:

« 今年の初単衣 | トップページ | 妹の晴れ舞台-朗読会 »