« 今年もよろしくお願いいたします | トップページ | 今年もさん喬から »

2016年1月10日 (日)

2016年 着衣始

今年の着衣始の着物は山岸幸一さんの紬の訪問着、紅想(はなおもい)という名がつけられた着物です。

一年ぶりの平田竹峯さんの組紐の実演販売が横浜高島屋であるというので着衣始を兼ねてきもの仲間三人でお出かけしてきました。平田さんの販売に関しては中に入っている荒川さんというその道では老舗の会社と呉服担当者の両方から情報がはいります。催事が決まり次第知らせていただけるので、暮れのうちから三人で都合のよい日を打ち合わせしておくことが可能なわけです。

今年は昨年のお正月から白地の綴れ名古屋帯に合わせて注文を入れておいた浅蘇芳色を地色にした笹波組の帯締めを頂きました。なんでも平田さんの御子息が組んでくださったそうです。糸をわざわざ私のイメージに合うように平田さんが染めてくださったとかで、とても素敵な帯締めに出来上がっていました。毎回二時間くらい平田さんを中心にわいわい遊んでくるのですが、今年も楽しい初笑いになりました。

今日のきものは:

Photo_2山岸幸一作、紬訪問着  紅想

帯:掬い袋帯 輪の集い(帯の岩田 まこと織物)

帯締め:貝の口雲形 平田竹峯作

« 今年もよろしくお願いいたします | トップページ | 今年もさん喬から »

催事」カテゴリの記事

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/63416957

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年 着衣始:

« 今年もよろしくお願いいたします | トップページ | 今年もさん喬から »