« 今年もさん喬から | トップページ | 落語でほっと一息・・ 柳家三三独演会 »

2016年1月16日 (土)

第64回 上品会

2016_1_16_64_001暮れからお正月にかけては忙しいのですが、外出しないせいかある意味身体がだらけきっているところがあります。そんなときおしゃれをしての外出はゆるーいユニクロ仕様でお掃除やご馳走作りに励んでいたおばさまの身体をちょっと立ち直らせてくれます。

10日、13日と続いた外出の次は恒例の上品会特別内覧会。なじみの問屋さん勢揃いということもあって友人二人とちょっとおしゃれをして出かけてきました。

毎度おなじみですが、上品会は染織業界最高峰と言われる催し、NHKの日本の芸能の枠の中で紹介されたこともある催しです。毎年テーマがあるのですが、今年は「世界遺産」。着物、帯のそれぞれのメーカーさんが単独で、またコラボで案を練り、力作を見せてくれる年に一度のお祭りのようなものといっても過言ではないでしょう。手に入れるにはちょっと桁の違うお値段のものが多く着るより眺めて楽しむといった作品が多いのですが、それはそれで美術品としてのきものや帯を拝見する楽しみにもなっています。

一度ではとても拝見しきれない作品数ですので、今回を皮切りに春まで数度ある展示会にもう一度出かけて今回見きれなかった作品を拝見したいと思っています。

今日のきものは:

Photo皆さまに新年の御挨拶をかねて無地のきものにしてみました

新小石丸で織られた生地は艶があり光の加減で色が変化します。糸が細いので皺になりにくいのも座る機会の多い方には重宝する着物でしょう。

着物:梅ねず色に牡丹唐草の地紋入りの無地の一つ紋 矢代仁

帯:若松紋の引箔錦の袋帯(帯の岩田 )

矢代仁、帯の岩田ともに上品会同人です。

帯締め;本金天蚕糸 浮舟(平田竹峯)

« 今年もさん喬から | トップページ | 落語でほっと一息・・ 柳家三三独演会 »

催事」カテゴリの記事

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/63512370

この記事へのトラックバック一覧です: 第64回 上品会:

« 今年もさん喬から | トップページ | 落語でほっと一息・・ 柳家三三独演会 »