« きものだからこそ・・ | トップページ | 柳家三三独演会 »

2015年11月29日 (日)

第22回 江戸落語を食べる会

2015112922_006今回は柳家さん喬の出演、歌舞伎もの「中村仲蔵」を聴く会です。こういう歌舞伎ものを得意とするのは市馬さんですが、踊りを嗜み、振りのいいさん喬師匠もかなりの期待が持てる演目です。江戸落語を食べる会ということで噺の後に当日の演目にちなんだお食事が出るのも大きな楽しみのひとつになっています。

会場は隅から隅までぎっしりの盛況、会を重ねるたびににぎやかになってきているようで、歌舞伎座で落語というちょっと贅沢な設定も人気の一端を担っているような気がします。

前座は林家つる子さん、可愛い顔で一生懸命演じてくれたのですが、まだまだ笑えるところまではいかない、女性の落語家はいろいろな意味で難しいと感じました。

さん喬師匠はまず、「天狗裁き」から、軽くこなして中入り後はお目当ての「中村仲蔵」です。「この前呼んで頂いた時は牡丹灯籠を二時間以上やってしまいました。あ~あ、もうこれで呼んで頂けないだろう、と思っていたのですが・・今日はまあだいたい四時間後くらいにお食事と言うことで・・」と笑わせはじまった中村仲蔵、忠臣蔵がらみの噺なので今の時期にぴったりといえます。じっくり丁寧に話すのはさん喬師匠の特徴、今回は珍しく規定時間内におさまり、お食事をいただけることとなりました。しっかり修業した歌舞伎にも精通した師匠が演ずるこの噺はやはり説得力があります。いまどきの若手の噺家さんはなかなか歌舞伎をみて勉強するということが少なくなっていると苦言を呈していましたが、何事も勉強という姿勢がどんな職業にも通じるといえるでしょう。

今日の着物は:今日はちょっと華やかに北斎小紋のきものに小倉貞右さんの祭りの帯です。

PhotoPhoto_5  帯には『江戸の祭り豊穣の図』と名前がつけられていますので今でいう収穫を祝った秋祭りなのでしょうね。                        

« きものだからこそ・・ | トップページ | 柳家三三独演会 »

和装」カテゴリの記事

芸術・芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/62749030

この記事へのトラックバック一覧です: 第22回 江戸落語を食べる会:

« きものだからこそ・・ | トップページ | 柳家三三独演会 »