« 11年ぶりの同期会 | トップページ | KimonoNext (きものねくすと) »

2015年10月24日 (土)

やっと日の目を見ました

Photoもう何年前になるでしょうか、母の認知症が進み着物が着られなくなったのでそろそろ着継ぐことを考え洗い張りに出した久米島紬、母が晩年とても気に入ってよく着ていたきものです。

久米島紬の基本色、黒褐色、赤茶、黄、鴬色、ねずみ色の五色が縞で織りだされた素敵な着物なのですが、母のように着物を何十年も着た人しかなかなか着こなせない色合いの着物です。なにしろこの色合いは私にはまったく合わないと言われている色、私をよく知る当時の呉服の担当者も「Hさんには合わないですね」と言われ友人たちにも「ちょっとね~」と言われた難しい着物でした。下手にきたら野暮ったくなる。でも愛着があっていつかは着てみよう、着物をもっと着こなせるようになったらこんな色も着られるだろう、そう思って洗い張りをして箪笥に眠らせておきました。

今年になってから、「もういいだろう、着物を着て20年、きこなせるのでは・・」と仕立て直し、今日初めて着てみました。ちょっと地味かもしれない、でも派手すぎるよりはいいかもと、

今日初めて横浜に着て行ったら、友人からもお店の人からも及第点をいただきました。やはり着物は千回近く着ると着物の方から寄り添ってくれるようになるものですね。

Photo_3
母が随分着たはずですが、さすが久米島紬、生地がしっかりとしているだけでなく、しっとりと身体に添ってくれます。帯を替えていろいろ楽しめそうです。母が天国から「あなたもやっと着物を一人前に着こなすことができるようになったね」と目を細めて見ているかもしれません。

« 11年ぶりの同期会 | トップページ | KimonoNext (きものねくすと) »

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/62213916

この記事へのトラックバック一覧です: やっと日の目を見ました:

« 11年ぶりの同期会 | トップページ | KimonoNext (きものねくすと) »