« 秋の鎌倉 矢代仁展 | トップページ | やっと日の目を見ました »

2015年10月20日 (火)

11年ぶりの同期会

久しく途絶えていた高校の関東支部の同期会、この会は20年ほど前にKさんという同期の方の名前をとって「鯨の会」と名付けられた会なのですが、なんと11年の御無沙汰だったようです。ちょうど年齢的に家族のことで忙しい時期に入り幹事さんに指名されていた方が動けなかったとのこと。発起人のKさんは会を立ち上げ、第一回の同期会を銀座で開いたその一ヵ月後に突然亡くなってしまい、その遺志をついで今後も続けていこうということになり、会の名前に彼女の旧姓を使わせて頂いたという曰くがあります。

私は11年前はこれまた家庭がごたごたしている時期で出席できず、たぶん15年ぶりくらいになると思います。

それにしても15年の月日は長い、顔を拝見しても思い出せない方が多く、驚くばかり・・私は面影を残しているらしく「Yさんじゃありませんか」と何人かの方にお声をかけていただいたのですが、声をかけられても分からない方が多く、失礼をしてしまいました。

会場は歌舞伎座の6階にある「寿月堂」というお茶屋さんの和風カフェとでもいいましょうか、ビルにしつらえた庭園がよく見える素敵なお店でした。

話題は尽きず、11時から13時まではお食事とお抹茶を頂いて寿月堂で、そのあと銀座を皆でぶらぶらした後、椿屋でコーヒーや紅茶を頂きながら4時近くまで歓談しました。

高校は名古屋の女子ばかりのミッションスクール、友人たち曰く、「若い時の友人はいいわね、みな環境が似たり寄ったりなので気を使わないで話ができる」

確かにそうですね、毎年旅行に行く友人たちも同じく高校の同期ですが、同じようなことをいっていました。気楽な友人、これが年齢を重ねてからは一番のようです。

きょうの着物は:   

今日はちょっとドレッシーに北斎小紋(さくら割)に唐花模様の名古屋帯を合せてみました。

Photo
地色の薄紫は大好きな色、いろいろな帯が合わせやすい着物です。

11人の出席者の中で着物は私一人だけ、「箪笥の中にいっぱいあるのだけれど着るのは年二回ほど、お話を聴いていたらなんだか着物がきたくなっちゃった」、と言ってくださる方がいたのはうれしかったです。

« 秋の鎌倉 矢代仁展 | トップページ | やっと日の目を見ました »

催事」カテゴリの記事

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/62142056

この記事へのトラックバック一覧です: 11年ぶりの同期会:

« 秋の鎌倉 矢代仁展 | トップページ | やっと日の目を見ました »