«  桂米團冶独演会 at にぎわい座 | トップページ | 三人分の帯作り »

2015年9月23日 (水)

小倉貞右・隆 親子展

一年に一度初秋に開催される東京手描友禅作家小倉貞右さんの展示会が今年はご子息の隆さんとの親子展として横浜高島屋7階の特選呉服売り場で開催されています。

小倉先生とはもう何年になるでしょうか、やはり高島屋で展示会が開催された折り、当時担当だった呉服営業の方が「とても素敵な作品だから是非一度覗いてみてください」とお誘いくださって以来のお付き合いになります。

東京友禅を教科書的に言うと京友禅と比べて藍、茶、白など渋くあっさりとした色を用いると言うことになりますが、京友禅のように工程が分業化されていないので、近年では作家それぞれの個性ある作品になってきており、一概に定型化できない作品が多くなってきています。小倉先生曰く、「東京で作られているから東京友禅ということですよ」ですが、本当にそんな感じがするほど多種多彩だと思います。

小倉先生は京友禅を四代田畑喜八さんのところで修業された時代があった方なので、作品には京友禅の雅やさと東京友禅のすっきりとした優雅さが混じったとても品のよい作品になっています。

写真を撮るのを忘れましたのでお見せできませんが、数年前の単衣の付下げに続いて今回は袷の桐の花模様の付下げをお願いして製作して頂きました。濃い紫地の中に清楚に咲く桐の花模様の付下げはすっきりとした上に華やかさのある素敵な作品に仕上がっていました。さあ、この素敵なきものを生かすも殺すも着手次第、責任重大です・・

小倉貞右・隆 親子展:9月23日から29日まで 横浜高島屋七階にて開催中

今日のきものは:

今日は友人が小倉先生の作品の単衣を初お披露目だったので、引き立て役ということでいつもの単衣の夏紬にしました。六月の旅行などにも着ましたが今回は秋を意識して帯締めを木蓮色の冠の帯締めで・・ 帯は井上久人さんの博多の帯

Photo

«  桂米團冶独演会 at にぎわい座 | トップページ | 三人分の帯作り »

催事」カテゴリの記事

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/61769583

この記事へのトラックバック一覧です: 小倉貞右・隆 親子展:

«  桂米團冶独演会 at にぎわい座 | トップページ | 三人分の帯作り »