« 今日は満足! 第149回 朝日名人会 | トップページ | お伊勢参り »

2015年6月 3日 (水)

第20回 江戸落語を食べる会

0015月30日の真夏のように暑い昼中、12時半から今回は会が始まりました。有楽町の駅から銀座を歩いて会場の歌舞伎座へ向かったのですが、暑かったせいか道行く人は皆夏ごろも、私も二日早くすべて単衣に衣替えしてのお出かけです。

歌舞伎座食堂”花籠”での独演会、今回は柳家権太楼師匠を迎えて唐茄子屋政談。「ここへ来るのは楽しみなんですよ、舞台を覗くと浴衣姿の歌舞伎役者さんが舞台稽古の最中、関係者以外は入れないのですが、関係者みたいな顔をして覗いちゃうんですよ、橋之介さんが他の役者さんに舞台での立ち位置を指示していらっしゃいました。」から始まった師匠のお噺、「この噺は人情噺ですが、滑稽噺でもある、滑稽噺故に、人情噺になる、人情噺を人情噺としてだけやるか、人情噺だからこそ滑稽噺に重点を置くかで落語家の力量が問われる落語なのです」とパンフレットのひとこと欄にあったように、演ずるには奥の深い噺なのです。そこんところをきっちりと抑えたさすが権太楼、という唐茄子屋政談になりました。

落語の後のお食事は南京饅頭や南京擂り流しといった落語にちなんだ献立でおいしくいただきました。

きょうの着物は:

Photo5月も30日ということで、完全単衣解禁ということで小物もすべて夏用に衣替えです。

着物は塩沢と思われる夏紬、帯は藍染め和紙の八寸名古屋帯、この帯はすだれのように落ちてくるので紐を三本も使って結びます。きものも帯も母から譲られたものです。

« 今日は満足! 第149回 朝日名人会 | トップページ | お伊勢参り »

和装」カテゴリの記事

芸術・芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/60236460

この記事へのトラックバック一覧です: 第20回 江戸落語を食べる会:

« 今日は満足! 第149回 朝日名人会 | トップページ | お伊勢参り »